許されざる者のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

許されざる者のあらすじ・作品解説

許されざる者は1992年公開のワーナーブラザーズ製作によるアメリカ映画である。主演、監督、製作のクリント・イーストウッドが恩師であるセルジオ・レオーネとドン・シーゲルに捧げた作品であり、第65回アカデミー作品賞、監督賞を含む4部門を始めとし、多数の賞を受賞した。 この作品は、かつては伝説のガンマンで今は足を洗い貧しい農夫として暮らしているマニーのもとに賞金首の追跡話が舞い込み、悩んだ末子供の為にとかつての仲間と引き受けたが、厳しく銃規制を行う保安官に仲間の一人を拷問によって殺された挙句更にその遺体を晒され、血で血を洗う復讐の連鎖が描かれた西部劇である。 2013年には日本の江戸時代を舞台として李相日監督、渡辺謙主演で日本の時代劇映画としてリメイクされ、これはアカデミー作品賞受賞作品が日本映画としてリメイクされた最初の事例である。 この作品は2004年にアメリカ国立フィルム登録簿に新規登録された。

許されざる者の評価

総合評価
4.004.00
(2件)
映像
3.503.50
脚本
3.503.50
キャスト
4.254.25
音楽
3.503.50
演出
3.753.75

評価分布をもっと見る

許されざる者の感想

投稿する

許されざる者に関連するタグ

許されざる者を観た人はこんな映画も観ています

許されざる者が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ