メダロットのあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,469件

メダロット

4.004.00
映像
3.50
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
声優
3.00
音楽
3.50
感想数
1
観た人
1

メダロットのあらすじ・作品解説

メダロットは、1997年にゲームボーイ用ソフトとして発売された『メダロット』シリーズを原作として1999年7月2日から2000年6月30日まで放映されていたテレビアニメ作品である。 ティンペットと呼ばれるフレームにメダルをはめ込むことで動く小型ロボットを戦わせる遊びが大流行している世界を舞台にした物語で、主人公はそんな誰もが持っているロボットを持っておらず、周りからもバカにされる中で遂にそのロボットを手に入れ、そのロボットで様々な人物とバトルをしていくという物語である。また、大流行していたのはアニメの中だけではなく現実でも、原作であるゲームを含めた同シリーズの関連商品が大流行し、当初は2000年4月に放送終了するつもりだったアニメが高視聴率を安定して出していたため、2000年6月までの全52話となった。 ゲームとアニメ、更にシリーズ毎で大きく異なるストーリー展開ながら、そのシリーズどれもが様々な年代の心を掴み、2000年7月から2001年3月にかけて続編も放送された。

メダロットの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
3.503.50
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
声優
3.003.00
音楽
3.503.50

評価分布をもっと見る

メダロットの感想

投稿する

大人気ゲームのモチーフを守り抜いた一作

メダロットはゲームボーイソフトとして発売された作品であり、それをアニメにしたものです。主人公のイッキがメダロットのメタビーとともに次々に立ちはだかる強敵と戦い、レアメダルを巡るストーリーになっております。放送当時は周囲にメダロットをプレイしていた友人が何人もおり、人気を窺わせるものがありました。放送当時はメダロット2が発売された時期でもあり、勢いのあった時期にアニメ化された印象があります。また、コミックボンボンでも漫画化されており、親しみやすい位置にあり、力の入ったコンテンツでありました。アニメ自体は主人公のイッキとメタビーの絆と成長、強敵とのバトルについて丁寧に描かれている印象があり、回を重ねることにより変化を感じるのではないかと思います。バトルもこれまで獲得したパーツを使うことにより、作中の重要な要素でもあるバトルを行う上での戦略を描いているのは評価に値する所であります。他にもなめ猫...この感想を読む

4.04.0
  • ヨクサルヨクサル
  • 28view
  • 597文字

メダロットの登場キャラクター

イワノイ

よみがな:いわのい 性別:男性 国籍:日本 所属:スクリューズ 特徴:口が達者 価値観:メダロットへの愛情深さはちゃんと持っている 愛機:シアンドッグ ランキング:一時期ランキング最下位だった ロボトル:非常に弱い 運:悪い

天領イッキ

よみがな:てんりょういっき ニックネーム:イッキ 年齢(作品時):小学3年生 性別:男性 国籍:日本 所属:ギンジョウ小学校 性格:活発な男の子。おだてと可愛い女の子に弱い。 特徴:チョンマゲが特徴。赤い上着と青い半ズボンを着ている。 趣味:メダロット。パーツ等の知識がとにかく豊富。 好きな食べ物:たこ焼き

ひよこ売り

よみがな:ひよこうり

メダロットの名言

はじめから逃げてどうするよ。戦い方なんていくらでもあるだろ?

ひよこ売り

勝負から逃げるイッキに向けて

闇雲でもなんでもいい。とにかく走っていれば自ずと道は開けるもんさ。一番いけねえのはなぁぼうず。 だらだらとその場に留まっていることさ。

ひよこ売り

進退窮まり、どうすればいいか迷っているイッキに向けて

それは大人じゃねぇ。ムダに年齢重ねただけのただのクソガキさ!

ひよこ売り

責任を果たさなきゃ大人がいるという指摘に対して

名言をもっと見る(4件)

メダロットに関連するタグ

メダロットを観た人はこんなアニメも観ています

メダロットが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ