ハチミツとクローバーのあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,469件

ハチミツとクローバー

4.884.88
映像
4.88
ストーリー
4.88
キャラクター
4.88
声優
4.75
音楽
4.88
感想数
4
観た人
11

ハチミツとクローバーのあらすじ・作品解説

ハチミツとクローバーは美術大学を舞台に、学生たちが恋や将来について悩んでいく姿を描いた羽海野チカによる青春漫画作品である。登場人物全員が片思いで報われない想いを描いているのが特徴的な作品である。切ないラブストーリーに共感した若い世代から支持を得ている。 CUTiEcomicでの連載から始まり、その後ヤングユー、コーラスに掲載され2000年から2006年まで続いた。2003年には、第27回講談社漫画賞少女部門を受賞している。 2005年からテレビアニメとして2期にわたって放送され、1期においては韓国、台湾などアジア諸国をはじめ、アメリカ、カナダでも放送された。2006年には実写映画が公開され、その後2008年にフジテレビでテレビドラマ化された。同年、台湾でも実写ドラマ化され、海外からも人気を得ている。 アニメ、映画、ドラマ、全ての作品がDVD発売されている。 ファンの間では「ハチクロ」と略され、愛されている。

ハチミツとクローバーの評価

総合評価
4.884.88
(4件)
映像
4.884.88
ストーリー
4.884.88
キャラクター
4.884.88
声優
4.754.75
音楽
4.884.88

評価分布をもっと見る

ハチミツとクローバーの感想

投稿する

感想をもっと見る(4件)

ハチミツとクローバーの登場キャラクター

竹本祐太

よみがな:たけもとゆうた ニックネーム:竹本 年齢(作品時):登場時大学一年 住まい:美大生が住むアパート 所属:浜田山美術大学建築科在籍 性格:正直で真面目な気質から、あらゆることに正面からぶつかり、悩みぬく傾向にある。 趣味:悩むこと(!?) 特技:細かい作業 資格:自分探し3級 家族:母親(美津子)/義父(...

花本修司

よみがな:はなもとしゅうじ ニックネーム:はなもとしゅうじ 年齢(作品時):30歳 性別:男 国籍:日本 所属:浜田山美術大学、美術史の教師 特徴:はぐみを溺愛している。料理が得意。 竹本たちが通う大学の:卒業生 はぐみは:いとこの娘である はぐみの:父親的存在 理花の夫とは:親友だった

森田忍

よみがな:もりたしのぶ ニックネーム:もりたしのぶ 年齢(作品時):24歳 性別:男 国籍:日本 所属:浜田山美術大学彫刻科 性格:お金に執着する性格だが、実は仲間思いで思慮深い一面もある。 特徴:天才肌。金運は異常に強い。トラブルメーカー。 竹本や真山の:先輩 はぐみに:一目惚れした 大学内では:変人で通っ...

キャラをもっと見る(10件)

ハチミツとクローバーの名言

誰かが夢の中に出てくるのって 相手の「逢いたい」って想う気持ちが体をぬけて 夢の中へとんでくるからなんだって

原田理花

真山が理花のことを夢で見たときに、理花から言われた言葉を思い出している 理花が、二度と会えなくなった最愛の人に、夢の中でも逢いたいと思っている気持ちが強く描かれていて、切なくなるセリフです

人が恋に落ちる瞬間を はじめて 見てしまった

真山巧

竹本祐太が花本はぐみに初めて出会う場面。絵を描くはぐみを見て祐太の視線がくぎ付けになっていることに真山が気づく。祐太の周りだけ一瞬時が止まったようになったから真山のこの台詞が自然と出てきたのだと思います。

努力するかあきらめるか、どっちかしかない。人間に選べるなんて、いつだってこの二つしかないんだ。

花本修司

主人公たちが通う大学の教師である修ちゃんの言葉。

名言をもっと見る(15件)

ハチミツとクローバーに関連するタグ

ハチミツとクローバーを観た人はこんなアニメも観ています

ハチミツとクローバーが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ