増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和のあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,465件

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和

4.504.50
映像
4.19
ストーリー
4.38
キャラクター
4.75
声優
4.38
音楽
4.31
感想数
8
観た人
11

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和のあらすじ・作品解説

増田こうすけ劇場ギャグマンガ日和は、2005年2月にキッズステーションでアニメ放送が開始され、2007年10月から独立UHF局での地上波放送が行われたアニメ作品である。原作がショートストーリーとなっている事からアニメ版でも5分という短い尺での放送となっている。アニメ化の際に台本が作成される事がなく、原作を台本として使用した事や短い尺に合わせるために長いセリフの際には息継ぎがカットされているといった特徴がある作品でもある。アニメでは、第四期までと長いシリーズ構成となっている。 一話完結のギャグストーリーとなっていて、登場キャラクターは歴史上の偉人や有名人が起用されているシリーズが多くなっている。名作のパロディにしている事や同じネタを何回も使用する天丼ネタを得意している作品である。主役のほとんどが主人公に向かない性格や容姿のキャラクターが起用されていたり、理不尽な仕打ちを受けたりしながらツッコミをしていくアニメ作品である。

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和の評価

総合評価
4.504.50
(8件)
映像
4.194.19
ストーリー
4.384.38
キャラクター
4.754.75
声優
4.384.38
音楽
4.314.31

評価分布をもっと見る

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和の感想

投稿する

第1話が一番面白くない?

登場人物たちの共通点この人たち、ガチなんです!それがこの作品の共通点のように思います。ふざけてないというか、真面目なんですよね。しかし、その真面目さに笑えてしまうのが、この作品の本質のように思えるのです。どの話をみてもても、ふざけてる様子の登場人物が居ないんですよね。もちろん!聖徳太子!小野妹子!この両者も至って、お互いマジです。ギャグマンガ劇場を代表する二人ですが、この二人の抗争って、けっこう本気なんですよ。聖徳太子は、妹子を服従させたいし、逆に妹子は全力で聖徳太子に逆らってるんですよね。お互いの衝突というより、その本質に笑いが起きるのだと思います。おむすびくんまた、おむずび君!どう考えても、「アンパンパン」「どらえもん」が合体した姿であり、これって、アニメにしちゃって大丈夫なのか!?と視聴者からすると、逆に心配になってしまいます。魔法少女妖精の存在や、魔法少女の存在も、原作者は知恵...この感想を読む

4.04.0
  • つくもつくも
  • 13view
  • 2032文字
PICKUP

感想をもっと見る(8件)

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和の登場キャラクター

聖徳太子

よみがな:しょうとくたいし ニックネーム:アホ摂政 国籍:倭国 性格:うっかり者でおちゃめ ポリシー:ノーパン主義 特徴:ジャージを着用している 特技:槍を投げ自分の背中に刺すことができる 癖:カレー臭い 好きな食べ物:カレー 物語上での目的:摂政

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和に関連するタグ

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和を観た人はこんなアニメも観ています

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和が好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ