交響詩篇エウレカセブンのあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,465件

交響詩篇エウレカセブン

4.564.56
映像
4.50
ストーリー
4.38
キャラクター
4.38
声優
4.50
音楽
4.69
感想数
8
観た人
15

交響詩篇エウレカセブンのあらすじ・作品解説

交響詩篇エウレカセブンは、BONES制作のアニメで、2005年4月から2006年4月まで、TBS系列で全50話が放映されたのだ。 ストーリーは、スカブ・コーラルと言う物体が台地を覆った惑星を舞台にしていて、そのスカブ・コーラルから出る、スカパーと言う粒子に乗って、サーフィンができるようになっていたのである。 そのスカパーに乗る事で、ロボットも空を飛ぶ事ができ、主人公である、ベルフォレストと言う街に住む、14歳のレントンは、憧れていたリフボーダーのホランドの得意技である、カットバックドロップターンをしたいと思っていたのである。 そんな時に、レントンの祖父である、アクセルが経営していた整備工場に、ニルヴァージュ・タイプ・ゼロと言うLFOの機体に乗ったエウレカが、空からやってきて、アクセルの工場を壊してしまうのである。 エウレカとレントンは仲良くなり、ホランドが率いる反政府軍である、ゲッコーステイトにレントンも入る事になるのだ。 エウレカが人間でない事をレントンが知るが、2人は結ばれて行くのである。

交響詩篇エウレカセブンの評価

総合評価
4.564.56
(8件)
映像
4.504.50
ストーリー
4.384.38
キャラクター
4.384.38
声優
4.504.50
音楽
4.694.69

評価分布をもっと見る

交響詩篇エウレカセブンの感想

投稿する

有名だが、賛否両論わかれる作品

ロボット&ボーイ・ミーツ・ガール&哲学『交響詩篇エウレカセブン』はボーイ・ミーツ・ガールをメインに据えたロボットものであり、その主題には哲学を取り入れているという。前半部分に関しては納得できる人が多いが、後半部分について疑問を浮かべる人も多いだろう。『交響詩篇エウレカセブン(以下、エウレカ)』を全て観終えた人たちの間も、哲学云々については意見が分かれる。ちなみに筆者は哲学関係に全く造詣がなく、『エウレカ』の隠された主題がどうこうと言われても全くピンとこなかった。正直なところ、前知識もなく『エウレカ』を視聴した感想は、『新世紀エヴァンゲリオン(以下、エヴァ)』に似ているな、に尽きた。少年の成長、ボーイ・ミーツ・ガール、意志を持つロボット、ロボットの覚醒…と、要所要所で『エヴァ』と共通点が多く、雑なオマージュとすら思っていた。しかし、ここもファンの間では意見の分かれるところで、オマージュと...この感想を読む

3.03.0
  • すらりすらり
  • 1158view
  • 2171文字
PICKUP

エウレカも良いけど・・・

アネモネが全部最後持って行きましたよね?w48話の「もし、この戦いが終わっても生きていいって言われたら、小さな鏡を一つ買って微笑む練習をしてみよう」、から始まるアネモネの語りで、ウルっとしましたね。これまで、ドミニクに対して、傲慢、高飛車、やりたい放題な我侭で、正直最後まで、ウザいなこの女、と思ってました、敵ですし。ですが、このシーンで一気に好感が上がりました、上がりすぎて一気に大好きになりました。更にこの後、ドミニクが大好きな自分の心に気付いて。初めて抱いた好きという気持ちに気付けた次の瞬間、ジ・エンドが攻撃をしてしまい、その攻撃の巻き添えを食ってしまって、あ、やっちまった、、、と思ったの・で・す・が!ここで死んだら救いも無いですが、ちゃんと生きてましたね。そんで、またこの後が熱い。アネモネに対していつも弱気なあのドミニクがとても男らしく、アネモネに告白をするシーン。「もし、この戦い...この感想を読む

5.05.0
  • yuuki0630yuuki0630
  • 116view
  • 649文字

感想をもっと見る(8件)

交響詩篇エウレカセブンの登場キャラクター

レントン・サーストン

よみがな:れんとんさーすとん 生年月日:2039年(スカブ11990年)2月28日 年齢(作品時):14歳 性別:男 所属:ゲッコーステイト 性格:後先考えずに行動してしまうことがあり、しばしば余計なトラブルを起こす 特徴:かつて大災害から世界を救った英雄アドロックの息子。生まれてすぐに母親を、程なく父親も失う。親...

エウレカ

よみがな:えうれか

ホランド・ノヴァク

キャラをもっと見る(11件)

交響詩篇エウレカセブンの名言

ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん

アドロック・サーストン

家族を残して家を出るときに、子供たちに遺していった言葉。

自由とは、獲得しなければならないものであって、無償で与えられるものではない。 自由であることは、その責務を負い、覚悟することだ。

チャールズ・ビームス

自由を求めるが、覚悟の足りない主人公に対して言ったセリフ。

待ってちゃダメだ!ねだっちゃだめだ! 俺は今、勝ち取りに行くんだ!

レントン・サーストン

2話でヒロインのエウレカを救いに行く前のレントンのセリフ

名言をもっと見る(18件)

交響詩篇エウレカセブンに関連するタグ

交響詩篇エウレカセブンを観た人はこんなアニメも観ています

交響詩篇エウレカセブンが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ