MEMORIESのあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,474件

MEMORIES

4.004.00
映像
4.50
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
声優
4.00
音楽
4.50
感想数
1
観た人
1

MEMORIESのあらすじ・作品解説

「MEMORIES 」は1995年に劇場公開された、短編アニメ3本からなるオムニバス作品である。「AKIRA」の大友克洋が企画・原作・製作総指揮・総監督を担当している。 スペースデブリ回収を行う宇宙船のクルーが巻き込まれた不思議な事件を描く、森本晃司監督「彼女の想いで」。 うっかり生物化学兵器を飲みこんでしまった青年をめぐるコメディー作品、岡村天斎監督「最臭兵器」。 巨大な大砲を撃つためだけに存在する都市に暮らす家族の1日を淡々と描いた、大友克洋監督「大砲の街」…以上の3作品が収録されている。 おおまかには3つともSF作品という共通点はあるが連作ではないため、独立して各話を楽しめる内容となっている。それぞれ観る人によって色々な解釈ができるが、人の心の弱さを描いた少し物悲しい作品、ただただ笑える作品、そして全編20分ほどを1カットのみで構成するという美術的に高い表現を追及している作品…という感じでバラエティに富んだ構成の1本である。タイトルミュージックは電気グルーブの石野卓球が担当している。

MEMORIESの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
4.504.50
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
声優
4.004.00
音楽
4.504.50

評価分布をもっと見る

MEMORIESの感想

投稿する

MEMORIESをみた記憶

短編オムニバス映画大友克洋原作、監督のアニメーション映画。珍しい短編3編によるオムニバス形式。ポイントや目的に焦点が合わされて短時間でそれらを体験出来るのでこの形式の映画は成功していれば嫌いじゃないし満足出来ます。1編目は「彼女の思い出」。短時間の中に深いドラマが詰め込まれていて科学の発達した時代の中の人間ドラマが垣間見れます。大友作品では時に見られるAKIRAみたいに抽象的な美術作品みたいにまどろむみたいな終わり方をしますがドラマ自体ははっきりとキャラクターの心情などを伝えていると思います。SFなのに中世ファンタジーのようなアナログ感があってかなり出だしからかなり大人向けにつくられています。臭いについて考えさせられてしまった本アニメ映画用のオリジナルとして制作されたのが「最臭兵器」というのが二編目に登場する、これがタイトルからしてギャグかなって感じです。ストーリーも実際ほとんどギャグな...この感想を読む

4.04.0
  • CURECURE
  • 117view
  • 1013文字
PICKUP

MEMORIESに関連するタグ

MEMORIESを観た人はこんなアニメも観ています

MEMORIESが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ