法律と感情のはざまで下した橋本の決断 - 北帰行殺人事件の感想

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,064件

北帰行殺人事件

4.804.80
文章力
5.00
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
設定
4.50
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
1

法律と感情のはざまで下した橋本の決断

4.84.8
文章力
5.0
ストーリー
4.5
キャラクター
4.5
設定
4.5
演出
5.0

目次

去るはずのキャラクターがレギュラーに

十津川シリーズの中でこの作品を何番目に読むかにもよるが、私立探偵である橋本が、元刑事で十津川の部下だったことはファンなら周知の事実である。

橋本の辞職願で始まるこの物語は、橋本が刑事を辞めて私刑という刑事にあるまじき行為に走るという、他作品でも頻繁に触れられている過去の詳細である。(ちなみに、本作で事件の引き金になる橋本の恋人の自殺は、たまに妹の自殺という説明になっていることもある)

一見、橋本に先入観なくこの作品だけを読むと、橋本はこの作品だけの一発屋なのだろう、事件も起こしてしまうし、警察には戻れないのだからという印象を持つし、こういう去り方の部下もいるだろうと思ってしまうが、橋本の場合は警察を去ることがレギュラーの座を勝ち取る第一歩になってしまう。

それは橋本が私立探偵という職業に転職したため、時に警察であるがゆえに身動きが取れない十津川に代わって捜査に協力するというおいしい役回りになるからなのだが、退職後も辞めた職場の仲間との関係が良好な上に仕事がもらえるとは、橋本の様な生き方をうらやましく思う人もあるだろう。

シリーズ物としても、犯罪を起こして去った刑事が再び主要キャラになって復活する事例は珍しいと言える。西村氏は警察の事情に精通した私立探偵という役回りの欲しさに、橋本に過酷な試練と同時にレギュラーの座を与えたのかもしれない。

亜木子という女性の視点がユニーク

恋人を酷い目に遭わせた男たちへの復讐に燃える橋本を、青木亜木子という雑誌記者が客観的に観察している視点で書かれている部分があるのがこの作品のユニークな点である。十津川警部シリーズでは、十津川や相棒の亀さん、または事件の中心人物の視点で書かれることが多いが、亜木子は事件に全く無関係であり、取材先で出会った橋本に興味を持つ一人の女性である。橋本の身を案じる亜木子に、橋本の暗い過去と今後の贖罪に一筋の明るい未来を感じる構成になっている。下り特急「富士」殺人事件では、亜木子とのその後が描かれており、別々の作品として発表されているが、北帰行殺人事件とは二部作構成になっていると言ってもいいだろう。青木亜木子は都電荒川線殺人事件などの短編集でも独立して活躍しており、著者西村氏の思い入れが強いキャラクターであることがうかがえる。このように、西村氏のスピンオフ作品のキャラクターの視点で書かれたのは、十津川警部シリーズの作品は非常に珍しい。

性犯罪の厳罰化について考えさせられる

西村氏の作品のみならず、内田康夫氏の作品などにも、殺人の背景に性犯罪があったというストーリー展開はよく見られる傾向である。

時代の変化で、最近こそ女性の側も弱き被害者でいる事に甘んじなくなってきているが、北帰行殺人事件のみならず、西村氏の石狩川殺人事件のように、レイプを受けた女性が命を絶ってしまうと言ったことが生じた際、被害女性が亡くなっても、それはそれで自殺、暴行とは別物とみなされ、暴行をした加害者は殺人犯としては逮捕されないのだ。

被害者の女性の身内や恋人が、加害者を極刑にしてほしいと願ってもそれはまず叶わない。

せいぜい罰金と実刑で終わってしまう。

そうなった際に、激昂し、犯人への復讐心を抑えられない被害者の身内は、それならば自分が鉄槌を下すと考えるだろう。

冤罪はあってはならないが、確実な犯人である場合、罪なき女性に暴行をし、命を絶つ決意をさせるほどのトラウマを植え...

感想の続きはこの作品を読んだ人だけ閲覧できます
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
ネタバレを含むため、作品を既に読んだ方のみ感想を閲覧することができます。

関連するタグ

北帰行殺人事件を読んだ人はこんな小説も読んでいます

北帰行殺人事件が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ