アンの夢の家のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

アンの夢の家

5.005.00
文章力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
1

アンの夢の家のあらすじ・作品解説

『アンの夢の家』は、カナダの作家ルーシー・モード・モンゴメリの『赤毛のアン』シリーズの第5作にあたる長編小説で、1917年に発表された。アンの25歳から27歳の時を描いている。 アンと医師になったギルバートは、皆に祝福されて結婚式を挙げた。ギルバートの借りてきた家はグレン・セント・メアリ村の、海が見渡せる美しい家で、「夢の家」と名づけられた。アンは灯台守のジム船長や近隣の人たちと出会い、穏やかな生活を始める。また、隣人の美しいレスリー・ムアとも知り合い、彼女のつらい境遇を知る。やがて、ギルバートは、レスリーが世話を続ける夫ディックの病が治るかもしれないことを知り、レスリーに手術を勧める。手術は無事成功し、思いがけぬ事実が判明し、レスリーに幸せな春が訪れる。夢の家で過ごした日々の中で、アンは最初の子どもを死産で亡くし、その悲しみを乗り越えて翌年ジェムを無事出産する。やがて、アンとギルバートは手狭になったこの夢の家に別れを告げる。

アンの夢の家の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

アンの夢の家の感想

投稿する

アンの夢の家の登場キャラクター

ギルバートブライス

アンの夢の家の名言

汝真実を知れば、真実が汝を自由の身とするなり。

ギルバートブライス

主人公のアンとその周囲のほとんどの人たちが、真実を明かさない方がよいと考える中で、アンの夫ギルバートが、真実を伝えることが最善だと訴えるシーンでの聖書引用の言葉

アンの夢の家に関連するタグ

アンの夢の家を読んだ人はこんな小説も読んでいます

アンの夢の家が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ