失はれる物語のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

失はれる物語

4.504.50
文章力
4.25
ストーリー
4.38
キャラクター
4.50
設定
4.13
演出
4.25
感想数
4
読んだ人
11

失はれる物語の評価

総合評価
4.504.50
(4件)
文章力
4.254.25
ストーリー
4.384.38
キャラクター
4.504.50
設定
4.134.13
演出
4.254.25

評価分布をもっと見る

失はれる物語の感想

投稿する

本書、全8作品収録中の1作品「しあわせは子猫のかたち」について。

主人公の孤独に対する執着。主人公のぼくはとにかく1人になりたい、これでもかという程に人との係わりに疲れた青年だと念を押す文章やエピソードが多く綴られている。初めて読んだ時には、主人公の孤独感への共感や同意見を感じながら読み進めていたが、2度目に読み直す頃にはなるほど、この「ぼく」の独特の孤独に対する意思の強さや孤独であろうとする姿勢や執着についての納得が出来た。つまりは、のちに彼が体験する事、彼の変化に対する布石だった。当然、実際の世の中では孤独であろうとする事に原因はあっても理由付けや折り合いなど簡単に言い表せるものはないのだが、この話を読み切った時、孤独を感じる世界の誰もがこの主人公と同じ体験が出来ればどんなに美しいことかと感じた。この話は少し疲れた時や心が狭くなっている時に読むと心穏やかになれる。切なくも優しい物語で個人的にとても気に入っていて何度も読み返している。作者である乙一...この感想を読む

4.04.0
  • hinatanママhinatanママ
  • 42view
  • 2455文字
PICKUP

痛みの物語

著者の書き出す登場人物たちは、誰もがどこか傷ついていて、臆病で、さみしがりやで、痛いほど誰かを愛している。ストーリーの中心となる少年少女たちの記憶の底には、今はいない大切な人との思い出があり、そしてその人に裏切られたトラウマがある。壮絶な半生を送ってきた主人公たちに、安易に「あー、わかる」と共感の言葉をかけることはできない。トラウマは、その体と心を守るために脳に与えられた学習機能だ。自覚のあるなしに関わらず、一度深く傷ついた者は二度と同じ轍を踏まないように慎重になる。他人の裏切りで傷ついた心は、他人を愛さないことでその身を守ろうとする。誰かを強く深く愛した分、優しくされた思い出の分、彼らは頑なにその気持ちから目をそらす。その呪縛は外側からかけられたものではなく、彼ら自身が己のためにかけた鎖だ。だから解除する鍵を、本人以外の誰も持っていない。例えば、「傷」。他人の、または自分の体の傷跡を...この感想を読む

4.54.5
  • かやかや
  • 75view
  • 800文字

感想をもっと見る(4件)

失はれる物語の登場キャラクター

雪村サキ

失はれる物語の名言

今ここで、きみに言いたい。同封した写真を見て。きみはいい顔している。際限なく広がるこの美しい世界の、きみだってその一部なんだ。わたしが心から好きになったものの一つじゃないか。

雪村サキ

主人公が雪村サキが殺された事実を知った時、殺された雪村サキからの手紙を見つけた。雪村は、自分が殺されたにも関わらず、自分を不幸とは感じていない。確かに、世の中絶望したくなるような事実はたくさんあるけども、それ以上に、泣きたくなるくらいに綺麗なものが、たくさんあると主人公に伝えて、主人公を励まそうとしている場面。

失はれる物語に関連するタグ

失はれる物語を読んだ人はこんな小説も読んでいます

失はれる物語が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ