痴人の愛のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,358件

痴人の愛

4.504.50
文章力
4.67
ストーリー
4.50
キャラクター
4.67
設定
4.50
演出
4.33
感想数
3
読んだ人
11

痴人の愛の評価

総合評価
4.504.50
(3件)
文章力
4.674.67
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.674.67
設定
4.504.50
演出
4.334.33

評価分布をもっと見る

痴人の愛の感想

投稿する

耽美主義の作家・谷崎潤一郎の観念や美意識が生み出した魔性の女ナオミ

作家の三島由紀夫は、彼の著書「作家論」の中で、谷崎潤一郎の耽美主義的傾向の一連の作品、「痴人の愛」のマゾヒズム、「卍」のレスビアニズム、「秘密」のトランスフェティシズム、「金色の死」のナルシシズムなどについて、「氏の小説作品は、何よりもまず、美味しいのである。支那料理のように、凝りに凝った調理の上に、手間と時間を惜しまずに作ったソースがかかっており、ふだんは食卓に上がらない珍奇な材料が賞味され、栄養も豊富で、人を陶酔と恍惚の果てのニルヴァナへ誘い込み、生の喜びと生の憂鬱、活力と頽廃とを同時に提供し、しかも大根のところで、大生活人としての常識の根柢をおびやかさない。氏がどんなことを書いても、人に鼻をつまませる成行にはならなかった。」と書いています。私はこの三島の谷崎論の中で語られている、"陶酔と恍惚"と、"生の喜びと生の憂鬱"と、"活力と頽廃"という言葉が、谷崎の一連の耽美主義的傾向の作品のキ...この感想を読む

5.05.0
  • dreamerdreamer
  • 27view
  • 2688文字
PICKUP

痴人の愛 考察

まじめな男が美少女に恋をした結果、人生が転落していく話。まじめな男が美しい女に恋をした結果、振り回されて人生が破綻してゆく、というのは他の作品や映画にも見られるテーマである。女性に不慣れで真面目であるからこそ、突然現れた美しい女に盲目状態になってしまうのだろうか。いずれにしろ、読んでいて面白い題材であることに変わりはない。この物語のヒロインである「ナオミ」は、今風に言うと性格の悪い女である。これに肉体的な美しさが伴っているからこそ、絵になるというものであろう。そもそも彼女が不細工であったら、主人公である河合譲治も気にもとめなかったはずである。物語が進むにつれてわかってくることだが、ナオミは貧乏な上、十分に愛されずに育ったようである。知らない男の申し出で簡単に娘を簡単にに委ねるというのも、親としてまずどうかしている。そういったことからおそらくナオミは両親から十分な愛や関心を受けずに育って...この感想を読む

5.05.0
  • zitkzitk
  • 3691view
  • 2002文字

痴人の愛の登場キャラクター

河合譲治

よみがな:かわいじょうじ ニックネーム:君子 年齢(作品時):二十八 性別:男 国籍:日本 住まい:芝口の下宿屋、大森、お粗末な洋館 所属:大井町の会社、或る電気会社の技師 趣味:活動写真を見に行く、銀座通りを散歩する トラウマ:ナオミの家出 月給:百五十円

痴人の愛に関連するタグ

痴人の愛を読んだ人はこんな小説も読んでいます

痴人の愛が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ