吉原手引草のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,368件

吉原手引草

4.004.00
文章力
4.00
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
4.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

吉原手引草の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

吉原手引草の感想

投稿する

江戸幕府公認の遊廓であった、吉原の舞鶴屋の花魁・葛城が、忽然と姿を消した謎を追いながら、往時の吉原を鮮やかに描いた、松井今朝子の第137回直木賞受賞作「吉原手引草」

幕府公認の遊廓・吉原は、古くから文学作品の舞台になってきたと思います。その中でも、松井今朝子の「吉原手引草」は、最高傑作の一つと言えると思います。舞鶴屋の花魁・葛城が、何か大事件を起こした後、忽然と姿を消した。ようやく、噂も消えかかった頃、一人の青年がこの失踪事件を調べるため、吉原にやって来ます。青年は、引手茶屋の内儀、妓楼の番頭、遊びを究めたお大尽など、吉原の裏も表も知り尽くした、怪しい人物を訪ねて話を聞くが、葛城の事件はタブーになっており、誰も真相を話そうとはしませんでした。葛城の話題を避けるためか、十五人以上の証言者は、青年に吉原のしきたりや自分の体験を語るのですが、このエピソードが、とにかく面白い。吉原の年中行事や、遊女の階級による遊び方の違いなどは、ほんの序の口で、見世の男衆は、遊郭の運営方法を、客は粋な遊び方を、女衒は少女を遊廓に売る時の手続きについて語るので、知られざる裏...この感想を読む

4.04.0
  • dreamerdreamer
  • 31view
  • 871文字

吉原手引草に関連するタグ

吉原手引草を読んだ人はこんな小説も読んでいます

吉原手引草が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ