茶色の服の男のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,368件

茶色の服の男

3.503.50
文章力
3.50
ストーリー
3.50
キャラクター
3.50
設定
3.50
演出
3.50
感想数
1
読んだ人
1

茶色の服の男の評価

総合評価
3.503.50
(1件)
文章力
3.503.50
ストーリー
3.503.50
キャラクター
3.503.50
設定
3.503.50
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

茶色の服の男の感想

投稿する

アガサ・クリスティの初期の作品で、うら若き女性が活躍する冒険小説

考古学者の父親を亡くしたアンは、わずかな遺産のみを手にして途方に暮れることになる。ロンドンの知人のもとで今後の生き方について考えている時、アンは地下鉄のホームで奇妙な事件に出くわす。何かに驚いたように線路に転落する外国人。そして、死亡した外国人を看取った医者と名乗る男。その医者と名乗る男は、一枚の紙切れを落としていったまま姿を消した。アンは、その暗号が書かれているような紙切れを手に取り、事件の渦中へと自ら乗り出すことになる。 アン・ベディングフェルドの冒険が今始まるのだ。この「茶色の服の男」は、クリスティが初期の頃に書いた、ノンシリーズ作品で、タイトルのイメージなどから堅めのスパイ・スリラーかと思っていたら、そのようなものではなく、うら若き女性が活躍する冒険小説というテイストの内容であった。全編ユーモアに溢れていて、実に楽しく読める作品だった。このような内容であれば、当時もかなり一般受...この感想を読む

3.53.5
  • dreamerdreamer
  • 25view
  • 672文字

茶色の服の男に関連するタグ

茶色の服の男を読んだ人はこんな小説も読んでいます

茶色の服の男が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ