オッド・トーマスの救済のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,368件

オッド・トーマスの救済

3.503.50
文章力
4.00
ストーリー
4.00
キャラクター
5.00
設定
4.00
演出
3.50
感想数
1
読んだ人
1

オッド・トーマスの救済の評価

総合評価
3.503.50
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
5.005.00
設定
4.004.00
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

オッド・トーマスの救済の感想

投稿する

メッセージが隠されたモダンホラー

モダンホラーとSFのクロスオーバーミステリーや謎解きを求めると、退屈してしまうかもいしれない。ただ、霊との関わりによって進むモダンホラーと、霊とは異なる見えない恐怖、人が無秩序から科学的に産み出した生命というSFをクロスオーバーさせたエンターテイメントであり、その中にディーン・クーンツのメッセージが隠されている。無意識的な知的な強迫神経症と、虚栄的な自己の秩序の元に無秩序を産み出してはいないか、という問いかけを感じる。狂った科学者だけでなく、様々な家庭や社会で起こりうることではないか、と。無力さを知るが故の優しさと言葉霊が見えるオッドの体験として綴られているこの物語は、シエラネヴァダ山脈にある修道院で始まる。修道士としてではなく、ゲストとしてそこでオッドは暮らしている。同じゲストとしてそこに泊まっているロマーノヴィチはインディアナポリスで司書をやっているというが、いうも恐い眼で人を睨むロシ...この感想を読む

3.53.5
  • 羊十三羊十三
  • 64view
  • 2425文字
PICKUP

オッド・トーマスの救済に関連するタグ

オッド・トーマスの救済が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ