ベルサイユのばらのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,111件

ベルサイユのばら

4.504.50
画力
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.63
設定
4.63
演出
4.63
感想数
4
読んだ人
10

ベルサイユのばらのあらすじ・作品解説

『ベルサイユのばら』は1972年週刊まがーレットで連載された、池田理代子原作の漫画で、アニメ、実写映画にもなっている。そして宝塚歌劇団による公演も有名である。単行本10巻の他に清エピソード1巻、外伝上下巻、文庫本版、完全版、愛蔵版、コンビに版など多くの種類で販売されている。連載開始から40年以上を経ても、ファンが多く、連載終了後も多くのイベントなども行われていた作品でもある。 ジャルジェ将軍の末娘オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェが主人公で、フランス革命を背景に描かれている。ジャルジェ将軍には女子しか産まれなかった為、オスカルは男子として育てられ、女だということを隠し、フランス軍人として生きた生き様が描かれているのである。オスカル、アンドレの他の登場人物は史実に基づき、マリー・アントワネットほか、実在した人物が多く登場し、世界史としての観点から、フランス革命を知ることが出来る作品でもある。

ベルサイユのばらの評価

総合評価
4.504.50
(4件)
画力
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.634.63
設定
4.634.63
演出
4.634.63

評価分布をもっと見る

ベルサイユのばらの感想

投稿する

ベルサイユに咲く薔薇の正体は 『ベルサイユのばら』考察

少女漫画の金字塔たる『ベルサイユのばら』『ベルサイユのばら』を知らない日本人はいない。それほど、『ベルサイユのばら』は日本人に浸透している少女漫画だ。目の星、後ろに背負った花、きらびやかなドレス、イケメンの男性キャラ。時に揶揄される古典的少女漫画表現を、「ベルばらみたい」と例える人は多いだろう。日本人の知る古典的少女漫画の代表作といえば、『ベルサイユのばら』なのである。フランス革命を舞台に、様々な歴史的事件、文化や時代背景など、様々な資料を元に描きだされた『ベルサイユのばら』は、時に中高生の歴史理解への足掛かりとしても使用されている。『ベルばら』を読んでフランス革命に詳しくなったという読者は決して少なくはないはずだ。それほど影響力を持った漫画『ベルサイユのばら』を、作者・池田理代子は24歳のときに描いたというのが更に驚きである。 オスカルかアントワネットか『ベルサイユのばら』の主人公は『...この感想を読む

4.04.0
  • すらりすらり
  • 265view
  • 2239文字
PICKUP

歴史的人物の評価すら変えた、漫画の枠を超えた芸術作品

フランス革命を表現した漫画では他の追随を許さない人によって好みはあると思うが、源氏物語を表した作品で最も評価が高く有名なのが「あさきゆめみし」であるように、フランス革命と言えば「ベルサイユのばら」と答える人が圧倒的に多いだろう。この作品は1970年代の漫画であるにもかかわらず、その時代に連載を読んでいた世代のみではなく平成生まれの若者にも色あせることなく愛され続けている。アニメや実写、宝塚歌劇、絵本などあらゆる媒体でリメイクされ、近年では著者池田氏が補完エピソードを続刊として執筆している。オスカルという架空の人物が登場する、史実に基づくフィクションであるにもかかわらずここまで愛される理由として、以下の点が挙げられる。ロココの美しい文化を美麗で繊細な絵で見事に表現されていること。立場や主張が違う人物にも心があり、一方的な善悪でキャラクターを評価しない、池田氏のキャラクターへの慈しみや歴史上の...この感想を読む

5.05.0
  • tamamatamama
  • 22view
  • 2130文字

ベルサイユのばらマリーアントワネットの生涯

マリーアントワネットの嫁いだばかりの若い頃に思うこと。ベルサイユのばらの漫画において中心人物となる重要なマリーについてその天真爛漫な性格ゆえに起きた様々な事件、例えばルイ15世のお気に入りの女性徒のトラブルなど、嫁いだばかりの頃から始まっていましたね。まだ結婚するにはあまりにも若いマリーでしたからそれで国の事を考えろというのも酷かもしれません。何を見ても笑い、好奇心旺盛で、国をまかされるほどの大物の位置づけでなければ幸せな立場だったかもしれません。マリーアントワネット黄金期に思うこと。フランスの国が少しづつ徐々に財政難になる中、マリーは嫁ぎ先の旦那さまルイ16世の頼りなさも手伝ってか政治の世界には全く興味を示さずに、遊びに没頭してしまいます。幾度か漫画の中でも気づいてーー!と思うくらいの出来事があったのですが、ここで天真爛漫さが悪いほうに流れていってしまうのが凄く残念に思います。中でも綺麗...この感想を読む

4.54.5
  • ロココロココ
  • 39view
  • 1026文字

感想をもっと見る(4件)

ベルサイユのばらの登場キャラクター

オスカル

よみがな:おすかる 生年月日:1755年12月25日 身長:178cm 体重:58kg 星座:やぎ座 性別:女性 国籍:フランス 所属:フランス衛兵隊 趣味:占い、バイオリン、錠前づくり、乗馬 足のサイズ:25cm 命日:1789年7月14日

マリーアントワネット

よみがな:まりーあんとわねっと 生年月日:1755年11月2日 性別:女性 国籍:フランス共和国 住まい:ヴェルサイユ宮殿 性格:自身が好意を抱く相手を妄信する 特徴:美しく誇り高く、人を惹き付ける天性の魅力を持つ。 趣味:音楽、香水 特技:ハープ 好きな食べ物:クグロフ 物語上での目的:3人の主人公の1人。美しく...

ハンス・アクセル・フォン・フェルゼン

ニックネーム:フェルゼン 性別:男性 国籍:スウェーデン 所属:貴族 特徴:容姿端麗で思慮深く知性的な青年 最期:1810年、自身の罪の日と呪うヴァレンヌ失敗の日に民衆により惨殺された 恋人:マリー・アントワネット 妹:ソフィア・フォン・フェルゼン 父:フェルゼン家の当主。スウェーデンの陸軍元帥にして王室顧...

キャラをもっと見る(5件)

ベルサイユのばらの名言

なぜ・・・ 神は・・・ わたしという平凡な女にふさわしい 平凡な運命をあたえてくださらなかったのだろう・・・

マリーアントワネット

フランス王妃であるマリーアントワネットは、家柄のみの結婚生活やしきたりにとらわれる宮廷生活での孤独感を埋めてくれた、スウェーデン貴族のハンスアクセルフォンフェルゼンと恋仲になり、生まれて初めての恋ながら、どうすることもできない悲恋に打ちひしがれていました。 その時のセリフです。

いつでもベルサイユへいらっしゃい

ポリニャック伯爵夫人

ロザリーが母親を馬車で轢き殺したポリニャック伯爵夫人に詰め寄る場面。 ポリニャック伯爵夫人の傲慢さが出ています。また、当時の貴族社会の理不尽さが現れているセリフだと思います。

フランス万歳

オスカル

バスティーユの戦いで、撃たれたオスカルが死の間際に言ったセリフです。女性でありながら、人生を軍人として生きることに捧げた彼女らしいセリフだと思います。

名言をもっと見る(8件)

ベルサイユのばらに関連するタグ

ベルサイユのばらを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

ベルサイユのばらが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ