しゃばけ(新装版)のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,368件

しゃばけ(新装版)

4.004.00
文章力
4.00
ストーリー
4.50
キャラクター
3.50
設定
5.00
演出
3.50
感想数
1
読んだ人
1

しゃばけ(新装版)の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.504.50
キャラクター
3.503.50
設定
5.005.00
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

しゃばけ(新装版)の感想

投稿する

実際にあったかもしれないと思えるファンタジー

魅力的な設定主人公は、江戸時代の有数な廻船問屋の一人息子・一太郎。妖(あやかし)の血を引いているため、様々な妖を見たり話したりすることができます。現代では、なかなか信じられない妖の存在も、読み進めていくと、江戸時代にはもしかしたら実際に居たのかもしれない、という気持ちになってきます。一太郎は非常に体が弱く床につきがちなのだが、何故かしら様々な事件に巻き込まれ、妖と協力して事件を次々と解決していく様子がドキドキハラハラしながらも楽しく読むことのできるシリーズです。こわいはずの妖がこわくない妖というと、何か悪さをされるのではないか、と幽霊と同様にこわいイメージを持つことが多いのですが、この小説で出てくる妖は非常に愛着のある妖ばかりです。実際に見たことがないため、イメージのしにくい妖の姿も、たまに描かれている挿絵でどのような姿かたちかを知ることができます。何も知らずに見るとこわいかもしれませ...この感想を読む

4.04.0
  • 珠梨珠梨
  • 53view
  • 618文字

しゃばけ(新装版)に関連するタグ

しゃばけ(新装版)を読んだ人はこんな小説も読んでいます

しゃばけ(新装版)が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ