変愛小説集のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

変愛小説集

3.503.50
文章力
4.00
ストーリー
3.00
キャラクター
3.00
設定
4.00
演出
3.00
感想数
1
読んだ人
3

変愛小説集の評価

総合評価
3.503.50
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
3.003.00
キャラクター
3.003.00
設定
4.004.00
演出
3.003.00

評価分布をもっと見る

変愛小説集の感想

投稿する

恋愛ドラマや恋愛映画にうんざりしている人に

他人の家の木に、恋をする「さまざまな愛にまつわる短編が11編つまっている」という言葉の清らかさとは裏腹に、この本の内容は本当に偏っていて、かなりグロテスクで吐き気がしそうなものも多く「これって愛なの?」と疑問に思ってしまうような短編もありました。でも、そのなかでわたしが好きだったのは冒頭にあるアリ・スミス作の「五月」で、この話は他人の家の木に本気で恋をする女性とその旦那さんの愛を2人の視点から語っています。家のなかにその木を移植しようとフローリングをはがしにかかったり、食事の支度以外はずっとその木を見続ける時間に費やしたりとその女性の木に対する愛はわかりやすいほどに常軌を逸しています。その異常さにどうしても不幸にならざるを得ないというか、あまり良くないラストを感じてしまっていたのですがこの話のラストは素晴らしかった。どうしようもない、理解もできない状況のなかでレイ・ヴクサヴィッチ作の「僕ら...この感想を読む

3.53.5
  • たにみずたにみず
  • 34view
  • 1021文字
PICKUP

変愛小説集に関連するタグ

変愛小説集が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ