シャーロック・ホームズの冒険のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

シャーロック・ホームズの冒険

4.504.50
文章力
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
1

シャーロック・ホームズの冒険のあらすじ・作品解説

シャーロック・ホームズの冒険は、アーサー・コナン・ドイル作のホームズを主人公とするシリーズの中では、最初の短編集である。雑誌のストランド・マガジン社で1891年7月号から翌年の6月号にかけて連載され、挿絵はシドニー・パジェットが担当している。ジョージ・ニューンズ社より1892年の10月に発行され、12編が所収されている。 ボヘミアの醜聞では、ホームズが生涯に渡って尊敬し愛する女性、アイリーン・アドラーのことが書かれている。また、5粒のオレンジの種や花婿失踪事件のように、犯罪結社や非常な企みにも制裁を加えようとする厳しさに反して、独身の貴族の事件の計画者達に、肉親のような優しさを見せ、ホームズの人間性が描かれている作品が載せられている。 なお、表題の付け方の違いで分かるように、作者は最初の6編で執筆をやめようと考えていた。しかし、連載の読者からの反響の大きさと高評価により、続けるようにストランド・マガジン社の関係者に説得される。原稿料を上げさせる条件を付け、連載を続行したと伝えられている。

シャーロック・ホームズの冒険の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.504.50
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

シャーロック・ホームズの冒険の感想

投稿する

シャーロック・ホームズの冒険に関連するタグ

シャーロック・ホームズの冒険を読んだ人はこんな小説も読んでいます

シャーロック・ホームズの冒険が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ