ハリー・ポッターと炎のゴブレットのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,321件

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

4.754.75
文章力
4.93
ストーリー
4.86
キャラクター
4.79
設定
4.86
演出
4.93
感想数
8
読んだ人
13

ハリー・ポッターと炎のゴブレットのあらすじ・作品解説

ハリー・ポッターと炎のゴブレットはJ.Kローリング氏が手掛けた大人気小説であるハリーポッターシリーズの第4作目にあたり、映画化もされている。 ハリーたちが四年生になったこの巻では、三校の魔法学校が対抗するトライ・ウィザード・コンテストが開催され、何者かのたくらみによりハリーもそのトーナメントに参加する羽目になる。 三つの命がけの試練を命からがら潜り抜けたハリーは、同じホグワーツ代表のセドリック・ディゴリーと共に優勝杯を掴んだ。しかし、その杯には魔法がかけられており、二人は悪の組織の構成員である死喰い人たちに囚われてしまい、死喰い人の親玉であるヴォルデモート卿の復活の一因とされてしまう。 その後、ハリーはなんとか逃げ出してホグワーツに帰れたが、セドリックは帰らぬ人となってしまった。ホグワーツ校校長のダンブルドアは魔法大臣にヴォルデモート卿復活を報告するものの、彼はその事実を握りつぶしてしまった。 一抹の不安を抱えながらも、ハリーは仲間たちと楽しく学校を後にし、帰省の途に就いた。

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの評価

総合評価
4.754.75
(8件)
文章力
4.934.93
ストーリー
4.864.86
キャラクター
4.794.79
設定
4.864.86
演出
4.934.93

評価分布をもっと見る

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの感想

投稿する

魔法契約に隠された罠と本でしか読めないエピソード

三大魔法学校対抗試合三大魔法学校対抗試合(トライウィザード・トーナメント)はヨーロッパの三大魔法学校(ホグワーツ・ボーバトン・ダームストラング)の代表者1人が戦うといった親善試合です。以前は5年に一度3校が交代で競技を主宰していたようですが、夥しい死者が出るため、この百年は開催されていなかったようです。選手を決めるためにはゴブレットを使用します、炎が消えると次の試合まで炎はつかず、このゴブレットが選んだ選手は魔法契約となり、死ぬ以外には途中で放棄することはできません。100年ぶりに行われるトライウィザード・トーナメントですが、今回は死者を出さないように「国際魔法協力部」と「魔法ゲーム・スポーツ部」と校長がひと夏かけて協議を行ったようです。「国際魔法協力部」部長はバーテミアス・クラウチ氏で「魔法ゲーム・スポーツ部」の部長はルード・バグマン氏です。二人は三校の校長と一緒に競技の審査員として開催中...この感想を読む

5.05.0
  • mika...mika...
  • 1316view
  • 2085文字
PICKUP

感想をもっと見る(8件)

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの登場キャラクター

セドリック・ディゴリー

よみがな:せどりっく・でぃごりー 生年月日:1977年9月〜10月 年齢(作品時):17歳 性別:男 国籍:イギリス 住まい:ディゴリー家 所属:ホグワーツ魔法魔術学校 ハッフルパフ寮 性格:勤勉 特徴:ハッフルパフ寮の特性を多く備えた、模範的な生徒 特技:クィディッチ

アラスター・ムーディ

よみがな:あらすたー・むーでぃ ニックネーム:マッド・アイ 身長:188cm 性別:男 所属:不死鳥の騎士団 没年月日:1997年7月27日 血統:純血 婚姻:未婚 毛髪:ダークグレー 職業:闇祓い

シリウス・ブラック

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの名言

どんな人物か知るためにはそいつが同等ではなく、劣っている相手にどんな対応をするのかよく見るのだ。

シリウス・ブラック

シリウスがロンに対して、しもべ妖精などに対しての扱いの話題が出た際言った一言

ハリー・ポッターと炎のゴブレットに関連するタグ

ハリー・ポッターと炎のゴブレットが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ