ヘルタースケルターのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ヘルタースケルター

4.054.05
映像
4.39
脚本
3.44
キャスト
4.17
音楽
3.56
演出
4.17
感想数
10
観た人
14

ヘルタースケルターのあらすじ・作品解説

ヘルタースケルターは、岡崎京子のコミックを実写映画化した作品である。 1996年まで、雑誌FEELYOUNGに連載され、2012年に実写映画化され、第8回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞している。 主役のトップモデルりりこは、沢尻エリカが演じている。 人並み外れた美貌とスタイルで、トップモデルとして芸能界の頂点に君臨していたりりこ。しかし、彼女の美貌とスタイルには秘密がある。全身を作り変えるほど危険な、全身の美容整形術によって作りあげられたものであった。そんな中、生まれながらの美人、後輩モデルになるこずえが、期待の新人として登場する。りりこは、こずえの登場によって、窮地に追い込まれていき、危険な美容整形によって、副作用と仕事などのストレスによって、身も心も壊れていく。そして、自身を整形した美容クリニックの違法行為が発覚し、りりこの全身整形の事実も発覚。すでに心身共に崩壊していたりりこは失踪してしまった。

ヘルタースケルターの評価

総合評価
4.054.05
(10件)
映像
4.394.39
脚本
3.443.44
キャスト
4.174.17
音楽
3.563.56
演出
4.174.17

評価分布をもっと見る

ヘルタースケルターの感想

投稿する

沢尻エリカが成長し続ける理由がここにはあります。

沢尻エリカの成長と魅力私は沢尻エリカさんが好きです。元々モデル出身の彼女ですが、モデルをしていた頃の彼女は見たことがありません。確か小学生か中学生向けのファッション雑誌出身と聞いたことがあります。私が初めて彼女をテレビで見たのは、実話で、難病の高校生役を演じていた作品です。あの作品を見たときは衝撃を受けました。サラッとした髪に真っ直ぐな目、その目の中には強さをも感じる程でした。素晴らしい演技だったと私は彼女に引き込まれていきました。その後もCMや雑誌などで話題となりました。そんな彼女が一気に有名になったのは間違いなく、記者会見でのあのセリフですね。当時の彼女に一体何があったのか分かりませんが、私は沢尻エリカを応援しているひとりです。今の薄化粧が似合っていますし、クリクリした瞳を見ると、あの会見の人とはまるで別人のようで、どちらが本当の沢尻エリカなのかなと考えることがあります。いつも力強い...この感想を読む

4.54.5
  • りかりか
  • 68view
  • 2009文字
PICKUP

感想をもっと見る(10件)

ヘルタースケルターの登場キャラクター

保須田久美

麻田誠

ヘルタースケルターの名言

若さは美しいけれど、美しさは若さじゃない。美はもっと深く複雑であらゆるものを豊かにふくんでいる。

麻田誠

保須田(麻田の助手)が麻田(検事)に「どうして神様は若さと美しさを与え、そして奪うのでしょう?」と質問をした答えです。

どうして神様は私達に、まず若さと美しさを与え、そして奪うのでしょう

保須田久美

スクランブル交差点で、整形後の変わってしまった、りりこの妹、比留駒ちかこと再会したあとで。

ヘルタースケルターに関連するタグ

ヘルタースケルターを観た人はこんな映画も観ています

ヘルタースケルターが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ