軽蔑のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

軽蔑のあらすじ・作品解説

軽蔑は1963年にイタリアとフランスで、1964年に日本で公開されたイタリア& フランスの映画。 アルベルト・モラヴィアによる同名小説ほ実写映画化した作品である。 監督及び脚本は「勝手にしやがれ」のジャン=リュック・ゴーダルが担当し、製作総指揮をジョルジュ・ボールガールとカルロ・ボティとジョセフ・E・レヴィーンが担当している。 主演は20世紀の欧米で"フランスのマリリン・モンロー"と言われていたフランスの人気女優のブリジット・バルドー。 他出演者には舞台俳優のミシェル・ピコリとジャック・バランス、ジョルジア・モルなどがいる。 人間ドラマをテーマにした映画であり、KINE NOTEでも71点という評価が得られている。 この作品は女優のカミールと脚本家の脚本家のポールの2人は夫婦なのだが会話がとんどなく、だけど"それでも夫婦"という考えで毎日を過ごしていた中で映画プロデューサーのプロコシュがカミーユと出会った事などの出来事を内容としている。

軽蔑の評価

総合評価
3.503.50
(1件)
映像
4.004.00
脚本
3.503.50
キャスト
4.004.00
音楽
4.004.00
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

軽蔑の感想

投稿する

主演二人の眼力はいいだけに…残念

ならず者のチンピラ・カズさんと、彼に愛されたストリップダンサー・真知子。ふたりが行き着いた場所は、ふたりにとって安住の地ではなかった…。坊ちゃん育ちが抜けない怠け者の若いモン・カズさんを高良健吾がとてもよく演じている。悪い奴だけど、どこか憎めなくて、女には甘い。どこまでも人生のハンパ者で、親に言い負かされて包丁を持ち出したりする、そういうダメ男ぶりが、甘いマスクにマッチしている。鈴木杏はダンサー役を体当たりで熱演しているけれど、新宿でならした…というには、どうもちょっぴり迫力が足りない。眼力はとてもいいのだけれど、キューピーぽい体型でこの役柄は少々無理があるような…。話は少々だらだら進む。もっと尺が短くてもいいんじゃないかな、と思った。特に、タイトルの「軽蔑」が、話の中で置き去りにされてしまっている感じがある。誰が誰を軽蔑しているのか?それが、原作小説では大事なテーマだったはず。地方都...この感想を読む

3.53.5
  • 浮舟浮舟
  • 40view
  • 489文字

軽蔑に関連するタグ

軽蔑が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ