武士の一分(いちぶん)のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,723件

武士の一分(いちぶん)

4.504.50
映像
4.00
脚本
4.00
キャスト
4.00
音楽
3.50
演出
5.00
感想数
1
観た人
1

武士の一分(いちぶん)の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.004.00
音楽
3.503.50
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

武士の一分(いちぶん)の感想

投稿する

幸せな日常と復讐

藤沢周平・山田洋次監督コラボ3部作小説家藤沢周平と山田洋次監督による時代劇映画3部作である、「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」「武士の一分」は江戸時代の武士の生きざまを描いた映画である。私は、この3作品のおかげで日本映画が好きになった。時代劇にはあまり興味のない方で、テレビの時代劇も特に見ず、水戸黄門でさえよく知らない。そんな私だが、この「武士の一分」をきっかけに、他の2作品も見たくなり、3部作のファンとなったのである。「武士の一分」はやはりキムタクが主演するということで、映画館へ足を運んだ。それまでは、日本の映画はテレビの放送か、DVDで十分だと思っていた。なんて失礼な考えだったのか。そういう意味でもこの作品は大好きな映画の1本でもある。俳優木村拓哉元スマップの木村拓哉が時代劇に初主演したのもこの映画の見どころだ。数々の主演ドラマをヒットさせた彼の演技は、いつも自然体なところが魅力的であ...この感想を読む

4.54.5
  • めいたんめいたん
  • 18view
  • 2002文字
PICKUP

武士の一分(いちぶん)に関連するタグ

武士の一分(いちぶん)が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ