麦秋のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

麦秋のあらすじ・作品解説

麦秋(英語題:Early Summer)は1951年に公開された日本のファミリー映画である。 製作会社は松竹大船/配給元は松竹。 「宗方姉妹」「お茶漬けの味」の小津安二郎がメガホンを取り、「東京春色」「東京物語」など小津監督作品に出演していた原節子が主演の間宮紀子を演じている。 興行収入は7597万円。 製作は「虎の牙」の山本武が担当し、数々の小津監督作品で脚本に携った野田高梧が脚本を担当。 共演者には淡島千景、笠智衆、杉村春子、菅井一郎、東山千栄子らがいる。 この作品は神奈川県鎌倉市に住む大家族・間宮家では結婚適齢期を超えてしまった会社員で長女の紀子の縁談を巡って巻き起きる物語となっている。

麦秋の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
5.005.00
脚本
5.005.00
キャスト
5.005.00
音楽
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

麦秋の感想

投稿する

麦秋に関連するタグ

麦秋を観た人はこんな映画も観ています

麦秋が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ