東京物語のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

東京物語

4.504.50
映像
4.50
脚本
4.50
キャスト
4.50
音楽
4.50
演出
4.50
感想数
1
観た人
1

東京物語のあらすじ・作品解説

東京物語は、1953年に公開された日本映画である。監督は、「麦秋」「お茶漬の味」「お早よう」の小津安二郎。出演者は、笠智衆、東山千栄子、原節子、杉村春子、山村聰。 広島の尾道に住む平山周吉は、妻のとみと二人で、東京に住む長男夫婦と長女夫婦の家を訪ねることになる。二人で荷物をまとめ、久々に子供達や孫達と会えることを楽しみに向かった。 息子も娘も表向きは両親の来訪を喜び、ゆっくりするようにと言うものの、実際は自分達の家族の暮らしの忙しさで精一杯であり、陰ではいつまで東京にいるのかと不満顔なのだった。 戦死した次男の嫁の紀子は周吉ととみに親切に接し、二人に観光案内をする。 周吉ととみは数日の滞在で尾道に帰って行ったが、ある日、子供達に悲しい知らせが届くのだった。 親であることの切なさと優しさの大切さを普遍性をもって描いており、海外でも評価が高い作品である。 2012年にイギリスの映画専門誌「サイト・アンド・サウンド」にて、世界映画史上ベスト作品(監督投票部門)の1位に選ばれた。

東京物語の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
4.504.50
脚本
4.504.50
キャスト
4.504.50
音楽
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

東京物語の感想

投稿する

東京物語に関連するタグ

東京物語を観た人はこんな映画も観ています

東京物語が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ