プリティ・ブライドのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

プリティ・ブライドのあらすじ・作品解説

プリティ・ブライドは、1999年に公開されたアメリカ映画である。監督は、「プリティ・ウーマン」「25年目のキス 」「プリティ・リーグ」のゲイリー・マーシャル。出演者は、ジュリア・ロバーツ、リチャード・ギア、ジョーン・キューザック、ヘクター・エリゾンド。 新聞のコラムニストのアイク・グラハムは、酒場で聞いた女性についての話を記事にする。その女性は3度結婚しているが、毎回結婚式が始まると花嫁姿のまま逃げ出してしまうという。しかし、本人から抗議を受けた上に嘘の記事を書いたとしてクビになってしまったアイクは、本人に話を聞きに行くことにするのだった。 その女性マギー・カーペンターは、記事を書かれたことでアイクに対して冷たい態度を取るが、アイクは仕事の名誉挽回がかかっているため、4度目の逃走を見るまで帰らないことに決めたのだった。 マギーについて調査をしたり接していくうちに、二人は惹かれ合うようになる。 大ヒット映画「プリティ・ウーマン」の監督と主演が再びタッグを組んだ、ラブ・コメディ映画である。

プリティ・ブライドの評価

総合評価
2.502.50
(1件)
映像
2.502.50
脚本
2.502.50
キャスト
2.502.50
音楽
2.502.50
演出
2.502.50

評価分布をもっと見る

プリティ・ブライドの感想

投稿する

プリティ・ブライドに関連するタグ

プリティ・ブライドを観た人はこんな映画も観ています

プリティ・ブライドが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ