恋におちたシェイクスピアのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

恋におちたシェイクスピアのあらすじ・作品解説

恋におちたシェイクスピアは、2000年第23回日本アカデミー賞「外国作品賞」にノミネート、1999年第71回アカデミー賞(作品賞・主演女優賞・助演女優賞・脚本賞・作曲賞など)を受賞、1999年第56回ゴールデングローブ賞(最優秀作印象・最優秀主演女優賞・最優秀脚本賞)を受賞している、ジョン・マッデン監督の作品である。 舞台は芝居熱が過熱しているエリザベス朝のロンドン。その中にあるローズ座は、人気作家ウィリアム・シェイクスピアが作るコメディ作品が唯一であったが、シェイクスピアはスランプに陥ってしまっていた。そんなシェイクスピアのもとに、男装したヴィオラが新作のオーディションにやって来る。ヴィオラは裕福な商人の娘であることを知ったシェイクスピアは、商人の館へ行き、ヴィオラと恋におちる…。 ヴィオラ・デ・レセップス:グウィネル・パルトロー、ウィリアム・シェイクスピア:ジョセフ・ファインズが配役されている。

恋におちたシェイクスピアの評価

総合評価
4.204.20
(5件)
映像
4.304.30
脚本
4.204.20
キャスト
4.004.00
音楽
3.803.80
演出
3.803.80

評価分布をもっと見る

恋におちたシェイクスピアの感想

投稿する

感想をもっと見る(5件)

恋におちたシェイクスピアに関連するタグ

恋におちたシェイクスピアが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ