恋愛小説家のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,784件

恋愛小説家のあらすじ・作品解説

日本では1997年に公開されたアメリカ制作の映画、恋愛小説家はジェームズ・L・ブルックス監督による中年男性の恋を描いたラブストーリーである。 強面の主人公メルヴィンは、風格には見合わない、ロマンス小説家として活躍している。しかし、街中を歩けば「俺に触れるな」と見知らぬ人々に当たり散らす、病的なまでに潔癖性のメルヴィンは飲食店でも指定席以外には座ることができずにいた。誰にも媚びない、心を許さない彼だが、行きつけのレストランでウェイトレスをしているキャロルに対する姿勢だけは違った。 人間も動物も嫌いなメルヴィンだが、あることから近所の住民の愛犬を預かることになる。メルヴィンと同様強面の犬。しかし次第にメルヴィンは犬に愛着心を抱き始め、同時に彼の人間関係も変化していく。 中年男性の頑固ながらピュアな心を巧みに描いた本作は、主演のジャック・ニコルソン、ヘレン・ハント共に、1997年度のアカデミー賞を受賞している。

恋愛小説家の評価

総合評価
3.833.83
(3件)
映像
3.833.83
脚本
3.833.83
キャスト
4.004.00
音楽
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

恋愛小説家の感想

投稿する

想定の範囲内の作品

そこそこの脚本脚本がそこそこに良くできていると思いました。そこそこです。ジャック・ニコルソンは精一杯のフレンドリーで穏やかな雰囲気を出しているし、ヘレン・ハントは胸が大きくていらいらした女を好演しています。最終的には二人が結ばれるという設定はまあ、ありきたりですが、人物設定がよくできているとは思いました。ただですね、彼が作家である必然性には欠けるような気がします。致命的な欠点ですよね、タイトルからしましたら。人嫌いで変わり者の作家という設定もまず陳腐。作家というのはそういうものでしょう、と思ったりします。差別発言も辞さず、わがままで、潔癖症。このあたりがありきたりの設定からはずそうと四苦八苦した末の人物設定の付加価値にはなりますね。ああ、寂しいんだろうなと、観る者誰でもがそう思います。そしてそんな男が好意を寄せるウエイトレスを作り上げました。そして、その息子の病気を治すために一役買った...この感想を読む

3.53.5
  • マンチョビマンチョビ
  • 192view
  • 1033文字
PICKUP

恋愛小説家の登場キャラクター

メルヴィン・ユドール

恋愛小説家の名言

You make me to want to be a better men.

メルヴィン・ユドール

ニューヨークのマンハッタンで恋愛小説を書くメルヴィン・ユドールがレストランのウエイトレスであるキャロル・コネリーに恋して、デートの席でいう言葉。

君と出会って、もっといい男になりたいと思った

メルヴィン・ユドール

レストランのウェイトレスであるキャロルに恋をします。 毒舌な彼の言葉はまるで嫌味のように聞こえるばかりで喧嘩が絶えません。 いつも勇気を出して声をかけるのに、余計なひと言が彼女を傷つけます。 悪意はないのに、自分の言葉のせいで上手くいかない恋。 それでも真摯に自分の思いを伝えたい、そんな思いがこのセリフには込められています。

恋愛小説家に関連するタグ

恋愛小説家が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ