アバウト・シュミットのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

アバウト・シュミット

4.254.25
映像
4.25
脚本
4.25
キャスト
4.60
音楽
3.50
演出
4.25
感想数
2
観た人
2

アバウト・シュミットの評価

総合評価
4.254.25
(2件)
映像
4.254.25
脚本
4.254.25
キャスト
4.604.60
音楽
3.503.50
演出
4.254.25

評価分布をもっと見る

アバウト・シュミットの感想

投稿する

シュミットは長生きしそうと思う理由

俺が一番冒頭のシーンで、アフリカの子供への手紙を書くシーンがあるが、数々の不平不満を書いている。まず書いたのが、定年退職した会社の後任に対して、生意気だとか無知な若造とかかなりの熱量を持って怒っている。もう会う必要のない相手にここまで怒れるのは、俺はまだまだやれるし、優秀だし俺が一番という気持ちがなければわざわざ手紙に書かない。続いて、自分の老いへの嘆きや、ああしとけばよかったという人生の後悔、長年連れ添った妻への愚痴をつづり、その中で人生の後悔の原因として妻が許さなかっただろうとしれっと、奥さんのせいにしている。シュミットは、つくづくプライドが高い。しかし、一人娘に言及するところでは途端にトーンが弱まり、娘の具体的な描写がせいぜい中学生止まりなのが、疎遠になって久しい事を感じさせる。2週間ごとに連絡を取り合っているというが、内容は「元気だけど、忙しい」「そうか、体大事にしろよ」のよう...この感想を読む

4.04.0
  • にてかわにてかわ
  • 7view
  • 2033文字
PICKUP

快作というか、身につまされる作品というか

男性諸氏にとって身につまされる一言でいうと、退職後に行き場の無くなった男のさびしい人生の末路、というテーマの作品です。世の男性ならほとんど誰にでも容易に訪れそうな話が満載なので、悪い意味ではちょっときつい作品でした。これを、あのジャック・ニコルソンが演じるのですから、彼のように若い時はバリバリと存在感を撒き散らしたであろう人の極端な老後の描写で、その哀れさは半端なかった。退職しているのに、仕事場に未練を残して、社交辞令の贈る言葉で言われた「また相談に乗ってください」的なことを真に受けて仕事場に行ったりするのもなんかわかるような気がします。妻の死で寂しさはさらに加速。妻が浮気をしていたということで、痛烈さがさらに加速。娘を訪ねてもぞんざいに扱われ、ほんとうにもはや、行き場所もなく、存在価値もないという男に成り下がったことを自覚せざるを得なくなるわけです。考えさせられる問題作この作品から私...この感想を読む

4.54.5
  • マンチョビマンチョビ
  • 15view
  • 1023文字

アバウト・シュミットに関連するタグ

アバウト・シュミットが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ