カッコーの巣の上でのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,782件

カッコーの巣の上でのあらすじ・作品解説

小説家ケン・キージー氏のベストセラーをミロス・フォアマン監督が映画化した人間ドラマ。精神病院を舞台に患者を完全統制しようとする看護婦長と、それに抗う男の姿を通して人間の尊厳と閉鎖された精神病院での非人道的な治療を告発するアメリカン・ニューシネマの代表作の一つ。なお「カッコウの巣」とは精神病院の蔑称。 刑務所の強制労働から逃れるため、詐病を装い州立精神病院に入った主人公のマクマーフィーは、そこで行われる管理体制に大反発。他の入院患者達を扇動して次々と問題行動を起こし、絶対的権力をもつ婦長ラチェッドと対立を深める。そんな中、仲間の自殺を機にマクマーフィーは婦長を絞殺しかけ、ロボトミー手術を受け廃人になる。患者のチーフは彼を窒息死させ、病院を脱走しラストを迎える。 日本の重大事件の精神鑑定などを行った精神科医の故・小田晋氏は生前「カッコーの巣の上で」の主人公は、明らかに虚偽性障害や反社会性人格障害、間欠性爆発障害の兆候がみられると述べているが、その指摘は本作品の内容や製作意図とは無関係である。

カッコーの巣の上での評価

総合評価
4.704.70
(5件)
映像
4.504.50
脚本
4.754.75
キャスト
4.634.63
音楽
4.504.50
演出
4.634.63

評価分布をもっと見る

カッコーの巣の上での感想

投稿する

ミロス・フォアマン監督の正気と狂気の混乱を描いた問題作「カッコーの巣の上で」

この映画「カッの巣の上で」の原作は、ケン・ケイジーのベストセラー小説で、アメリカの反体制的な若者達に圧倒的な人気があると言われている。 この映画の原題は、子守唄の「一羽は東に、一羽は西に、一羽はカッコーの巣の上を飛びました」というのからきているが、カッコーには"狂気"の意味があるのだ。 この「カッコーの巣」とは、精神病院ひいては、その象徴する非人間的、没精神的な現在の管理社会を意味しており、それに反抗して、自由な精神の翼でもって、独り飛ぼうとしたのが、ジャック・ニコルソンが熱演するマクマーフィであり、彼が落ちたその後を、その精神を受け継いで、代わって飛び立っていったのが、ウィル・サンプソン演じるインディアンのチーフであるというように、理解する事ができるだろう。尚、カッコーは、他の鳥の巣に卵を産むというから、「カッコーの巣」には、もっと深い意味が潜んでいるのかもしれない。 仮病を使って、刑務所...この感想を読む

5.05.0
  • dreamerdreamer
  • 23view
  • 1412文字
PICKUP

感想をもっと見る(5件)

カッコーの巣の上でに関連するタグ

カッコーの巣の上でが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ