アパッチのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

アパッチのあらすじ・作品解説

1954年に制作されたロバート・アルドリッチ監督によるアメリカの異彩西部劇である。 酋長ジェロニモが降伏して戦士達が次々とアメリカ合衆国に捕らえられたが、アパッチ族の青年マサイは護送中の列車から脱走し、愛するナリンシの待つ故郷へと帰り着く。だが、彼のいない間に故郷はすっかり変貌してしまい、白人に立ち向かうことなく農業に従事する部族の姿に憤慨した彼は、誇りを失わず戦うよう説得する。そんなマサイの存在を邪魔に思う新族長サントスはマサイを裏切り、マサイはサントスと合衆国に復讐を誓う。 ポール・I・ウェルマンの小説「語らざる男」が原作の本作品はバート・ランカスターがカウボーイではなく、インディアンの青年を演じた事でも話題となり、白人に降伏する事なくインディアン達の中で最後まで反発して戦う勇姿を見事に演じた。 また、これまで悪役として描かれていたインディアンを主人公とした作品は非常に少なく、ラストシーンを脚本と違った展開にしていることでも話題となった。

アパッチの評価

総合評価
3.503.50
(1件)
映像
3.503.50
脚本
3.003.00
キャスト
3.003.00
音楽
2.502.50
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

アパッチの感想

投稿する

アパッチに関連するタグ

アパッチが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ