赤ずきんチャチャのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,111件

赤ずきんチャチャ

4.504.50
画力
4.00
ストーリー
4.50
キャラクター
5.00
設定
3.50
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
3

赤ずきんチャチャのあらすじ・作品解説

赤ずきんチャチャは、彩花みんによって描かれている学園ファンタジーコミックであり、集英社の月刊少女雑誌であるりぼんにおいて、1992年の10月号から2000年の8月号まで連載が行われていた作品である。コミックスは、りぼんマスコットコミックスで全13巻、集英社文庫で全9巻の二つのレーベルで販売されている。連載終了後の2011年にも、同社の漫画雑誌であるCookieにおいて、新作読み切りも掲載された人気作品である。 主人公は、赤ずきんを被っている魔法使い見習いの少女チャチャであり、ボーイフレンドのリーヤと魔女の弟子であるしいねと共に、魔法の国にあるうらら学園に通いながら賑やかな日々を過ごして行く。 テレビ東京系列においてテレビアニメ化も行われており、1994年の1月から1995年の6月まで全74話が放送された。テレビアニメの内容は、コミックスと異なっているところが多く、魔法少女的な側面が大きく追加されている。

赤ずきんチャチャの評価

総合評価
4.504.50
(1件)
画力
4.004.00
ストーリー
4.504.50
キャラクター
5.005.00
設定
3.503.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

赤ずきんチャチャの感想

投稿する

思い出の名作

大人になっても改めて面白いと感じるのがこの赤ずきんチャチャ。今でも時々思い出して読み返す漫画はこれだけ。「赤ずきんチャチャ」というタイトルから、「赤ずきんちゃん」のパロディかと思いきや、魔法使いの女の子のお話。どのキャラクターにも魅力的な個性がある。独特の世界観と独特のギャグセンス。作者の彩花みん先生の作品はとてもかわいらしいファンタジーの絵で、思いもつかないようなギャグを生み出す。愛嬌あるキャラクターは、大人になった今でもその話で友人同士盛り上がることができるくらい印象深く個性的で面白い。とくに睡魔のスイマーのすいまーは鉄板ネタになっている。ネーミングセンスが光るキャラクター。アニメと漫画は少し違っていて、アニメでは主人公チャチャがリーヤ、しいねちゃんとアイテムを使って変身して敵を倒していくけれど、漫画ではそういった変身はなく、失敗もありのドタバタ魔法で、偶然たまたま敵やライバルをや...この感想を読む

4.54.5
  • ちょんちょん
  • 29view
  • 631文字

赤ずきんチャチャの登場キャラクター

セラヴィー

血液型:A型 性別:男 性格:天才肌 風貌爽やかで物腰柔らかな反面、結構根性が悪い 特徴:変態で悪魔 特技:魔法、ピアノ、空手、料理 癖:ただし自らが持つ人形の「エリザベス」を相手に会話する 肩書き:世界一の魔法使い 苦手:オカマ 本名:サンダル 正体:大魔王の長男

赤頭巾チャチャ

よみがな:あかずきんちゃちゃ ニックネーム:チャチャ 血液型:O型 星座:しし座 性別:女 所属:乗馬クラブ 性格:明るく元気 特徴:赤い頭巾がトレードマークの魔法使い 癖:?なの。が口癖 トラウマ:ネズミ

赤ずきんチャチャに関連するタグ

赤ずきんチャチャを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

赤ずきんチャチャが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ