山猫のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,782件

山猫の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
5.005.00
脚本
5.005.00
キャスト
5.005.00
音楽
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

山猫の感想

投稿する

イタリアのシシリーの貴族の壮麗な挽歌であり、失われた貴族文化へのオマージュに満ちたノスタルジア、ルキノ・ヴィスコンティ監督の最高傑作「山猫」

この映画「山猫」は、イタリアの世界的な巨匠ルキノ・ヴィスコンティ監督の作品で、1963年度のカンヌ国際映画祭で最高賞であるグランプリを受賞している、映画史に燦然と輝く珠玉の名作です。 この映画の題名である「山猫」とは、イタリアのシシリー島で、アラゴン、スペイン、ブルボンなどの各王朝の下で栄えてきたファルコネーリ家の家紋であると共に、現在の当主サリーナ公爵(バート・ランカスター)の呼称でもあり、彼は旧家の権威と新時代への対応力と併せて、変革に不易な深い人間性をも備えている人物として描かれています。 それまでは、どちらかというと野卑でタフガイのイメージであったバート・ランカスターに、"貴族の家父長的な尊厳さ"を与えたヴィスコンティ監督は、その後も彼を自作の「家族の肖像」にも起用していて、ミラノの公爵の御曹子で、その思想的な背景から"赤い公爵"とも言われた自らの孤独な姿を、バート・ランカスターに投影して...この感想を読む

5.05.0
  • dreamerdreamer
  • 21view
  • 2407文字
PICKUP

山猫に関連するタグ

山猫が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ