家族の肖像のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

家族の肖像の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
5.005.00
脚本
5.005.00
キャスト
4.004.00
音楽
4.004.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

家族の肖像の感想

投稿する

世界の映画史に残る不朽の名作

イタリア映画界の世界的な名匠ルキノ・ヴィスコンティ監督のこの「家族の肖像」は、彼の「山猫」「ベニスに死す」と並んで、映画史上に燦然と輝く、不朽の名作だと思います。イタリアの名門の貴族の出身で、最高の知識人で、鮮烈な映画芸術家であり、美術収集家であり、その生涯を独身で通しました。そして、美青年を愛したことでも有名で、若き日のアラン・ドロンに貴族教育を施し、後年は孫のような若さのヘルムート・バーガーに偏愛を捧げたのです。そうしたヴィスコンティ監督の、この作品は最も自伝的な色彩の濃い、しかも撮影中に病に倒れながら、文字どおり心血を注いで作り上げた、彼の集大成ともいうべき作品だと思います。ほとんど完璧といっていい、凄絶といっていい、鬼気迫るばかりに格調高く、深い人間洞察の眼で、一つの時代の終焉を描いているのです。ここでは、震えて打ちのめされるほどの、美しい悲劇が描かれているのです。主人公は、ロ...この感想を読む

5.05.0
  • 驟雨驟雨
  • 30view
  • 1111文字
PICKUP

家族の肖像に関連するタグ

家族の肖像を観た人はこんな映画も観ています

家族の肖像が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ