マリー・アントワネットの名言/名セリフ

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

マリー・アントワネットの名言

マリー・アントワネットの名言集です。現在4件が登録されています。

この結婚は”同盟”なのです。

メルシー大使

フランス王室に嫁いだマリー・アントワネットは、未だ懐妊できないでいた。「世継ぎなき結婚は、解消もあり得ます。ご懐妊なしに、影響力は持てません」と、後見人であるメルシー大使から忠告を受ける。

みんなの失望は、私の不幸です。

マリー・アントワネット

フランス王室に嫁いだマリー・アントワネットは、未だ懐妊できないでいた。「世継ぎなき結婚は、解消もあり得ます。ご懐妊なしに、影響力は持てません」と、後見人であるメルシー大使から忠告を受けた時の、マリー・アントワネットのセリフ。

愛人を冷遇するのは、王への批判と同じ

メルシー大使

マリー・アントワネットの夫のルイ16世が即位する前の国王には愛人がいたが、皆から冷遇されていて、マリー・アントワネットもよく思っていなかった。が、メルシー大使からは忠告を受ける。

無視が一番よ

マリー・アントワネット

国の財政が困窮して、民衆の怒りの矛先は、贅沢な暮らしぶりのマリー・アントワネットに向く。あらぬ噂を立てられ、ゴシップを書きたてられたマリー・アントワネットだったが、「無視が一番」だと言う。

マリー・アントワネットの感想

全てが中途半端な作品

オーストリアからフランスに嫁いだ女性の物語は、主題が全く見えてこない物語は、オーストリアからフランスに嫁いだ女性・マリー・アントワネットを主役として進められる。マリー・アントワネットの物語は、誰しも知っているだろう。オーストリアの女帝マリア・テレジアの娘にして、フランス王妃。貧困にあえぐ民衆に「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と言ったとか言わないとか。最期はコンコルド広場において、ギロチンで公開処刑された。今回考察する『マリー・アントワネット』は、怒り狂った民衆がヴェルサイユ宮殿に押し寄せ、アントワネット含めた国王一家が宮殿を抜け出すところで話が終わってしまう。マリー・アントワネットの伝記、というにはあまりに中途半端な終わり方だ。これ以降のフランスは革命の血が降り注ぐ展開になることから、キレイなうちに物語の幕を閉じようと思ったのかもしれないが、せめてヴァレンヌ逃亡事件ぐらい...この感想を読む

2.52.5
  • すらりすらり
  • 8view
  • 2049文字
PICKUP

感想をもっと見る(7件)

マリー・アントワネットが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ