叫びとささやきのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

叫びとささやきの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
5.005.00
脚本
5.005.00
キャスト
5.005.00
音楽
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

叫びとささやきの感想

投稿する

戦慄的な、衝撃的な、ほとんど完璧な芸術作品 「叫びとささやき」

イングマール・ベルイマン監督の「叫びとささやき」は、戦慄的な、衝撃的な、ほとんど完璧といっていい、芸術的な作品だと思います。19世紀末、スウェーデンの田舎の邸宅で、癌を病み、死期迫る中年の次女(ハリエット・アンデルセン)と、それを見舞う冷淡な長女(イングリッド・チューリン)と多情な三女(リヴ・ウルマン)と、素朴な召使い(カリ・シルヴァン)。この四人の女たちに、イングマール・ベルイマン監督は、まさに"女"の深奥を凝視し、抉り出すのです。激痛に苦しみぬく次女の姿は、あまりのすさまじさで、正視に耐えません。そのうめきや絶叫は、死への恐怖だろうか、生への執着だろうか。冷たい表情をくずさぬ長女は、二十歳も年上の外交官の夫と、五人の子供までもうけながら、性の悦びを知らず、知らないからこそ夫を憎み、自分が女であることを嫌悪するかのように、我と我が深部にガラスの破片を突き刺すのです。そして、三女は医師と情事を持っ...この感想を読む

5.05.0
  • 驟雨驟雨
  • 13view
  • 891文字

叫びとささやきに関連するタグ

叫びとささやきを観た人はこんな映画も観ています

叫びとささやきが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ