オペラ座の怪人のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

オペラ座の怪人のあらすじ・作品解説

『オペラ座の怪人』は、2004年にアメリカで製作されたミュージカル映画である。フランスの作家ガストン・ルルーにより1909年に発表された小説を原作として作られた同名ミュージカルを映画化したもの。舞台版を手掛けた作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバー自身による製作で、19世紀パリのオペラ座を舞台に、オペラ座に住む謎の男と歌姫との悲恋を壮大なスケールで描いている。 1919年、今や廃墟と化したオペラ座で、かつての栄光を物語る品々がオークションにかけられていた。大きなシャンデリアが紹介された瞬間、時代はそのシャンデリアが悲劇をもたらした1870年代へと舞い戻る…。オペラ座の若手女優クリスティーヌは、楽屋の裏から聞こえる「音楽の天使」の指導で歌唱力をつけていく。ある日代役としてオペラの主演に大抜擢された彼女は、幼馴染の規則ラウルと出会い、ふたりは再会を喜ぶ。だが、その直後オペラ座に住む怪人ファントムが、クリスティーヌを地下深くへと連れ出してしまう。 キャストたちの歌唱力も素晴らしい作品である。

オペラ座の怪人の評価

総合評価
4.434.43
(7件)
映像
4.434.43
脚本
4.364.36
キャスト
4.294.29
音楽
4.574.57
演出
4.364.36

評価分布をもっと見る

オペラ座の怪人の感想

投稿する

感想をもっと見る(7件)

オペラ座の怪人に関連するタグ

オペラ座の怪人が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ