犬夜叉のあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,111件

犬夜叉

4.884.88
画力
4.25
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
設定
4.63
演出
4.50
感想数
4
読んだ人
17

犬夜叉のあらすじ・作品解説

1996年から2008年まで週刊少年サンデーに掲載された漫画で作者は高橋留美子。 妖怪と人間の血を半分ずつ受け継いだ戦国時代に生きる半妖の主人公・犬夜叉(いぬやしゃ)と500年の時を超え知り合った神社の娘で15歳の中学生・日暮かごめとの冒険ストーリー。 砕け散ってしまった宝玉・四魂の玉のかけらを集める為に神社の井戸からタイムスリップをしながら日暮かごめと主人公が様々な妖怪と闘いながら旅をする。旅の仲間には右手の平にできた風穴(かざあな)の呪いをとくために旅する法師の弥勒と妖怪退治屋の少女で弟を探すため旅をする・珊瑚と共に4人で宿敵・奈落(ならく)に立ち向かっていく。 また子狐妖怪の七宝(しっぽう)ものちに仲間に加わる。 主人公の兄で純血の妖怪の殺生丸との兄弟間の争いもある。コミックは56巻で完結し、累計およそ4500万部。 2000年10月から4年間アニメ放送もされ、2001年からは4作品の映画が放映された。

犬夜叉の評価

総合評価
4.884.88
(4件)
画力
4.254.25
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.504.50
設定
4.634.63
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

犬夜叉の感想

投稿する

最高傑作!!

戦国時代がファンタジーたっぷりこんなにファンタジー感が強い作品って今までなかったと思うんですよね。時代は戦国だけど、武将とかが出てくるわけでもないし、戦をするわけでも無くてまさかの妖怪メインっていうのが新しいなと思いましたね。高橋先生の独特な世界が広がっているというか。でもそんなおどろおどろしている感じじゃないんですよね。ファンタジー感を忘れてないっていうか、ちょっと柔らかめに描いているのが分かりましたね。怖いのが嫌いな私でも全然見れましたからね。それになんていうか普通の歴史ものっていう感じじゃないんですよね。犬夜叉独自の世界っていう感じが全面に出てましたね。そういうところが高橋先生ならではだなって感じました。こんなにファンタジー要素たっぷりの戦国時代なら誰でも大歓迎だと思うんですよね(笑)でもだからと言って完全に無視しているってわけじゃなくてところどころに武士とか貴族の人とか出てきた時...この感想を読む

5.05.0
  • ぽんぽん
  • 47view
  • 3013文字
PICKUP

人生の中で1番好きな漫画

犬夜叉と桔梗の絆今までの高橋留美子先生の作品は、主人公とヒロインに想いを寄せているキャラクターがいても、主人公とヒロインはお互いに想い合っている。という場合が多かったと思うのですが、犬夜叉は主人公が2人の女性に想いを寄せている作品になっています。ヒロインはかごめですが、犬夜叉は初恋の相手である桔梗が1番好きで、かごめは2番目なんだなと、作中の様々な場面から感じられました。最終的に桔梗は奈落に敗れ、この世から完全に去ってしまいますが、その場面でも犬夜叉の桔梗に対する深い愛情が伝わってきます。最終回で犬夜叉とかごめが共に生きる事を選んだ時に、桔梗はかごめに産まれ変わっても時を越えて犬夜叉と結ばれる運命だったのだなと、とても感動しました。もちろん、かごめも犬夜叉にとってかけがえのない存在だと思います。考え抜かれた内容犬夜叉は、本当にストーリーが考え抜かれた素晴らしい作品だと思います。ただバラ...この感想を読む

4.54.5
  • たくわんたくわん
  • 192view
  • 1027文字

シコンのカケラ

 私は「犬夜叉」を読んで、人は本当に欲深いものだと思いました。 犬夜叉は、細かく砕け散ったシコンのカケラと言う願いの叶うカケラを集めるために、人間界からタイムスリップしてきたかごめ、狐妖怪の七宝、妖怪退治屋のサンゴ、風穴の弥勒、キララと共に旅を始めます。敵として登場する奈落という男や様々な妖怪もシコンのカケラを集めて居るのですが、シコンのカケラを欲しがるものが誰一人として、カケラを良い方向へ使おうとはしません。むしろ、ただただ自分が強くなりたいという思いだけで、集め自分のものにしようとしています。  邪悪な気持ちに勝てず死んでいくもの、争いに巻き込まれて死んでいくもの。多くの犠牲が有りながらも、奈落と犬夜叉が戦い犬夜叉が勝つまでは争い続きます。 犬夜叉は半妖と呼ばれていて、本当の強い妖怪になるためにシコンのカケラを集めていました。しかし、カゴメを初めとする仲間と共に旅をしているうちに、犬...この感想を読む

5.05.0
  • あちゃぴあちゃぴ
  • 13view
  • 550文字

感想をもっと見る(4件)

犬夜叉の登場キャラクター

桔梗

よみがな:ききょう ニックネーム:桔梗 性別:女 家族構成:妹、楓 性格:目的のためなら手段を選ばない 特徴:黒髪 特技:弓矢、浄化 物語上での目的:犬夜叉の想い人、死人 好きな人:犬夜叉 服装:巫女服 大切な人:犬夜叉、楓、村の子供たち

犬夜叉

よみがな:いぬやしゃ ニックネーム:犬夜叉、犬っころ 年齢(作品時):200歳→204歳 人間換算すると、およそ16歳 性別:男 所属:犬夜叉一行 性格:口調はきつく暴れん坊の反面、根は優しい 特徴:半妖の証として犬耳と銀髪 兄弟:殺生丸 技:散魂鉄爪(さんこんてっそう)、飛刃血爪(ひじんけっそう)、風の傷(かぜのき...

日暮かごめ

よみがな:ひぐらしかごめ 年齢(作品時):15歳 身長:158.8cm 性別:女 家族構成:祖父、父、母、弟 特技:水泳 好きな食べ物:おでん、アイスクリーム 口癖:おすわり 好きなもの:可愛いもの 苦手なもの:ミミズなどの虫等 苦手な科目:数学

キャラをもっと見る(7件)

犬夜叉の名言

貴様たちはよく、運命だの宿命だのと口にするが、それは弱者の戯言でしかない。本当に力ある者は、運命も宿命も己で作り出すものなのだ。

奈落

桔梗が瘴気の川に落とされた時に奈落が言ったセリフ

命を惜しみ、涙することは、 恥じることではありません。

桔梗

仏になりたかったが生への執着が地獄へ堕としたと話す死人に向けて言った言葉

どんな生き物よりも自我が強く欲望が果てしない。それが人間なんだろ。その血が流れてる俺だから諦めがわりぃんだよ。それにな、人間てやつは守るべきものがあるとその力は何倍にもなるんだよ!

犬夜叉

犬夜叉 映画「天下覇道の剣」 敵と戦っている時、犬夜叉の言葉 情緒不安定になっていたとき、この言葉を聞いて勇気が湧いた為。

名言をもっと見る(9件)

犬夜叉に関連するタグ

犬夜叉を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

犬夜叉が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ