イヴォンヌの香りのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

イヴォンヌの香りのあらすじ・作品解説

1994年に公開されたフランス映画イヴォンヌの香りは、恋愛映画の名手の威名を持つパトリクス・ルコント監督による作品である。 舞台はアルジェリア紛争の頃の1950年代。フランスはスイスに近い、レマン湖の辺で過ごす青年ヴィクトールは、徴兵を逃れて、まるで貴族の生活のような蕩尽なる生活を送っていた。 そんなヴィクトールはホテル・エルミタージュで50代ほどのゲイの医師ルネ・マントとルネと行動を共にするイヴォンヌという若い女性に出会った。イヴォンヌを人目見て、ヴィクトールは運命を感じた。イヴォンヌの美貌、妖艶なスタイルはまさに彼の理想の女性である。医師のルネは、ヴィクトールにレジスタンスの地下組織の話し、秘密の顔を暴露するのであった。 イヴォンヌと愛し合うヴィクトール。ヴィクトールは彼女と永遠に寄り添いながら生きていけると信じていた。 本作はフランス映画らしい、ファッション誌を見ているかのように魅力的なファッションで溢れている映画である。

イヴォンヌの香りの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
5.005.00
脚本
4.004.00
キャスト
4.504.50
音楽
4.004.00
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

イヴォンヌの香りの感想

投稿する

イヴォンヌの香りに関連するタグ

イヴォンヌの香りが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ