愛と哀しみの果てのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

愛と哀しみの果てのあらすじ・作品解説

愛と哀しみの果ては、シドニー・ポラック監督作品であり、第58回アカデミー賞にて作品賞を、第43回ゴールデングローブ賞にてドラマ部門作品賞を受賞した映画である。 舞台は1913年、デンマーク。メリル・ストリープ演じる、裕福ながらも未婚の女性カレンは、友人であるスウェーデンのブロア・ブリクセン男爵にある提案をする。その提案とは、「便宜上の結婚」であった。クラウス・マリア・ブランダウアー演じるブロアは、男爵でありながら経済的な不安を抱えていた為、カレンの申し出を快諾し二人はアフリカに移住し農場を行うが、生活は二人の思惑とは違う方向へと進んでいく。 便宜上の結婚生活とは言え、共に生活していく中でブロアに心惹かれていくカレン。しかしブロアは女に眼がなく、浮気を繰り返しており、そんな中カレンの前にロバート・レッドフォード演じる、サファリでガイドをしているハンターのデニスに出会う。デニスは男らしい冒険家で野心に溢れている。 本作は波乱に満ちたカレンの半生を描いた感動作である。

愛と哀しみの果ての評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
5.005.00
脚本
5.005.00
キャスト
5.005.00
音楽
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

愛と哀しみの果ての感想

投稿する

愛と哀しみの果てに関連するタグ

愛と哀しみの果てが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ