20世紀少年のあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 2,986件

20世紀少年

4.504.50
画力
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.00
設定
4.50
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
13

20世紀少年のあらすじ・作品解説

20世紀少年とは1999年から2006年にかけてビッグスピリッツで連載されていた浦沢直樹原作の青年漫画である。 ストーリーは1970年頃に小学生であった主人公の遠藤健児(通称ケンヂ)が友達とともに「余よげんの書」と呼ばれる地球滅亡に向かっていく未来の世界を正義のヒーローがそれに立ち向かい地球を救うというものを作成した。 その後、大人になったケンヂは幼い頃に書いたよげんの書の通りに事件が起きていることに気づき、主犯格である「ともだち」の行動を阻止し、正体をつきとめるために主人公が奮闘する物語である。 単行本は22巻出ていて、2010年の時点で累計発行部数2800万部を記録しただけでなく、第48回小学館漫画賞青年一般部門をはじめとする国内の賞だけでなく、ヨーロッパ最大の漫画賞と言われるアングレーム国際漫画際の最優秀長編賞を受賞するなど、人気の高さが伺える。 また、2008年からはこのマンガを原作とする実写映画も公開された。

20世紀少年の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
画力
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.004.00
設定
4.504.50
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

20世紀少年の感想

投稿する

浦沢直樹は天才なのか? 20世紀少年の考察

狭から広へ 『20世紀少年』の構成力の高さ浦沢直樹は天才か。大げさではなく、『20世紀少年』を読了したあと、そう考えてしまった。『20世紀少年』のテーマは、「狭から広へ」に尽きる。主人公はコンビニ店長のケンヂ。仲間は近所の幼馴染。やがて”ともだち”に対抗するレジスタンスたちなど、増えていく同志。目的は身近な人を守ることから、世界の平和の奪還へ。テーマは(広義では)愛と平和。その根幹にあったのは、少年時代の後悔、そしていじめへの反対。狭から広へのストーリー展開。誰の手元にもあるものが、良くも悪くも広いモノへと育っていく。浦沢直樹はやっぱり天才だな、とここまで書いて唸ってしまった。浦沢直樹は、創作者として必要な資質を持っている。もしこれが狙ってやったにしろ、偶然にしろ、とてつもない才能だ。そしておそらく、偶然ではない。それは浦沢直樹の著作が数々のヒットを飛ばしていることに証明される。映画さ...この感想を読む

4.54.5
  • すらりすらり
  • 118view
  • 2054文字
PICKUP

20世紀少年の登場キャラクター

落合長治

よみがな:おちあい ちょうじ ニックネーム:オッチョ、ショーグン、3番 性別:男 国籍:日本 所属:ケンジ一派 性格:冷静で判断力が高い 特徴:長髪、無精ひげ 特技:幻覚作用への耐性、棒術 物語上での目的:“ともだち"の存在を知りケンジの呼び掛けに賛同。「よげんの書」阻止のために動く。 立場:ケンジの親友

皆本剛

よみがな:みなもと ニックネーム:ヨシツネ 性別:男 国籍:日本 住まい:東京 所属:サラリーマン 性格:昔はひ弱 特徴:ともだち暦以降“ゲンジ一派"と呼ばれる組織を率いている 特技:「自分は隊長には向いていない」と口癖のようにぼやくが、多くの成果を出している 物語上での目的:ともだち暦以降は“ゲンジ一派"...

万丈目胤舟

よみがな:まんじょうめ いんしゅう 性別:男性 国籍:日本 所属:友民党党首 特徴:前髪が禿げたオールバックの髪型 物語上での目的:フクベエからの誘いがきっかけで“ともだち"の組織を作り上げる。 トラウマ:フクベエがヤマネに殺害された際は、その事に強いショックを受け、フクベエの死体の前で泣き崩れてしま...

キャラをもっと見る(8件)

20世紀少年の名言

絶望に打ち勝つ方法などない・・・・・・ただ・・・・歩き出すだけだ

落合長治

絶望的な状況はそう簡単には克服できないが、前をむいて進んでいけばいつか必ず抜け出せる

”大事なものを持っている”ということは”強い”ということ。

落合長治

オッチョが息子を亡くし放浪しているとき、山奥で会った師匠に言われた言葉。

戦わなきゃいけないときがある

皆本剛

しょぼくれたサラリーマンで、漢字の「千」を「4」と間違えて発注してしまうようなドジなヨシツネが、ともだちランドに連れてこられた小泉恭子を救うため、小泉をランドから連れ出す時に言ったセリフ。

20世紀少年に関連するタグ

20世紀少年を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

20世紀少年が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ