エマのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,114件

エマ

4.004.00
画力
4.50
ストーリー
4.00
キャラクター
3.50
設定
3.50
演出
3.50
感想数
1
読んだ人
1

エマのあらすじ・作品解説

エマは、日本の漫画家である森薫によって描かれた漫画作品である。エンターブレイン社発行のコミックビームにおいて、2002年から2006年まで連載がおこなわれていた。連載終了後にも、2006年から2008年にかけて番外編の連載が行われていた。単行本は、本編が全7巻、番外編が全3巻発売されている。ノベライズ化も行われており、ファミ通文庫において全2巻発売されている。 1980年代のイギリスを舞台とした作品であり、老婦人ケリーの元でハウスメイドとして働いている女性と有力な貿易商の跡継ぎである青年との恋物語である。当時の階級社会の厳しさのなかで様々な試練を乗り越えながら二人の絆が深まっている過程を描いている。 テレビアニメーション化は2回行われており、第1期は、2005年の4月から全12話が放送され、第2期は、2007年の4月から全12話が放送された。第2期には原作にないオリジナル要素を入れ、物語を分かりやすく演出しているという特徴がある。

エマの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
画力
4.504.50
ストーリー
4.004.00
キャラクター
3.503.50
設定
3.503.50
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

エマの感想

投稿する

メイド好きのメイド好きによるメイド好きのための漫画

ねっちりした描写を、どうぞご堪能ください『フェティシズム(英語:fetishism)とは、(中略)性的倒錯や変態性欲の範疇に入る(Wikipedia参照)』「この人フェチだっ!」これが作品を読んだ時の第一印象でした。だってそうでしょう? 激務で締め切りに追われる漫画家さんが、普通省略するようなフリルやレースや細かい模様を、手描きであそこまでみっちり描くものですか? 束ねた髪やリボンのみならず、コルセットの描き込みに至っては構造までしっかり理解できるくらいなんですよ。う~む、描くことが全く苦にならない人なんだろうなー。むしろここまでやれてしまうと、アシスタントさんなど他人の手が入った途端、全体バランスが崩れてしまう諸刃の剣なんですよね。現に最終章はスケジュールが押していたらしく、作品の肝である衣装の仕上げが浮いているんですよ。さて、ご自身でもメイド好きを公言されるこの森薫という作家さん、やはり異色の存在で...この感想を読む

4.04.0
  • さまんさたびささまんさたびさ
  • 13view
  • 2657文字
PICKUP

エマの登場キャラクター

ウィリアム・ジョーンズ

よみがな:うぃりあむ・じょーんず

ケリー・ストウナー

よみがな:けりー・すとうなー

ミセス・ヴィーク

エマの名言

私ね前から思ってたのよ。教育ってのがどれほどのものなのか。イチから教え込んであげる。うちに来る?

ケリー・ストウナー

ケリーが友人宅に遊びに行った際、路上で生活してた子供を簡単な仕事で使ってやってる。と友人から聞き、メイドにする場面。

人は紳士に生まれるのではない。紳士になるのだ。と。

ウィリアム・ジョーンズ

ウィリアムが父にエマとの交際を認めて貰うために、父に昔言われたことば。

筆跡を見れば大体その人となりは わかるものです。

ミセス・ヴィーク

メイド達に届く手紙を確認している時の言葉。

名言をもっと見る(4件)

エマに関連するタグ

エマを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

エマが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ