キュビズム・ラブのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,119件

キュビズム・ラブ

5.005.00
画力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
4.50
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
1

キュビズム・ラブのあらすじ・作品解説

キュビズム・ラブは、エンターブレインの「コミックビーズログ キュン!」に連載された、松本テマリによる日本の漫画作品で、原作は芝村裕吏が担当。単行本は全4巻が刊行された。また小説版「キュビズム・ラブ 悩める博士と恋する小箱」も刊行された。 本作のヒロイン・ノリコは陸上の試合に向かう道中で、交通事故に遭ってしまう。気がつくと青年医師である篠田誠士郎が彼女を心配げに見つめていた。ノリコは時折純真な笑顔を見せる誠士郎に好感を持つが、驚愕の真実が彼の口から語られる。事故に遭ったノリコは自らの体を失い、黒い小さな箱に入った“脳味噌”だけの存在になってしまったのだと。誠士郎はノリコが何を必要として、何を必要としたいのかを理解しようと奔走する。ノリコは箱になってしまった惨めさが募る中でも、彼が近くにいるとドキドキしてしまうのだった。黒い箱になってしまったノリコと、彼女の看病をする誠士郎との交流を描いた異色の愛の物語。

キュビズム・ラブの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
画力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
4.504.50
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

キュビズム・ラブの感想

投稿する

キュビズム・ラブに関連するタグ

キュビズム・ラブを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

キュビズム・ラブが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ