乙嫁語りのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,114件

乙嫁語り

4.504.50
画力
4.67
ストーリー
3.83
キャラクター
4.00
設定
4.33
演出
4.00
感想数
3
読んだ人
7

乙嫁語りのあらすじ・作品解説

乙嫁語り(おとよめがたり)は、ハルタ(旧:Fellows!)で2008年10月から連載されている日本の漫画。原作者は「エマ」で知られる森薫。19世紀後半のシルクロード・中東アジアを舞台に、定住民の12歳の少年カルルク・エイホンと、彼に嫁いだ移牧民の20歳の娘アミル・ハルガルの2人を始めとした様々な男女を中心に、当時の人々の生活模様を描いている。タイトルの「乙嫁」は「美しいお嫁さん」という意味で、前述のアミル以外にも複数の美しい女性が登場する。 1~6巻までのコミックス累計発行部数は282万部(2014年3月時点)。日本出版販売が主催する「全国書店員が選んだおすすめコミック2010」で第2位、全国の書店員が中心に選考する「マンガ大賞2014」で第1位を獲得した他、全米図書館協会による「2012年ティーン向けの優秀なグラフィックノベルベスト10」に選出されるなど、国内外問わず高い評価を受けている。

乙嫁語りの評価

総合評価
4.504.50
(3件)
画力
4.674.67
ストーリー
3.833.83
キャラクター
4.004.00
設定
4.334.33
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

乙嫁語りの感想

投稿する

乙嫁物語の魅力

絵画とも取れる芸術性の高さ中央アジアが舞台とあって、緻密な刺繍が施されな絨毯、煌びやかな装飾、まるでその場に立っているかのような雄大な景色、描かれているもの全てに心を奪われる。まるで世界史の教科書を読んでいるような、歴史や伝統息づく描写は、まさに芸術品である。ひとえに作者の歴史研究や画力の高さによって成り立つものでもあるが、漫画への深い愛情をひしひしと感じざるおえない。情景描写だけでなく、アミルの読者の心までも見透かされそうな、弓を射るような瞳の強さ、美しくしなやかな身体に黒々とした髪から、どんなキャラクターの女性なのかが如実に表現されている。読む方によっては、くどさを感じてしまうかもしれないが、私には浮世絵などのように世界にも、後世にも評価されるべき芸術作品だと感じている。多種多様な乙嫁の生き様アミルから始まり、性格、年齢、環境など異なる魅力的な乙嫁たちのオムニバス形式。それぞれが、...この感想を読む

4.54.5
  • あさいあさい
  • 26view
  • 1039文字
PICKUP

乙嫁語りに関連するタグ

乙嫁語りを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

乙嫁語りが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ