さいごの恐竜ティランのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

さいごの恐竜ティラン

4.004.00
文章力
4.00
ストーリー
4.00
キャラクター
4.50
設定
4.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

さいごの恐竜ティランの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
4.004.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.504.50
設定
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

さいごの恐竜ティランの感想

投稿する

種族を超えた、美しい親子愛

夫と、初めて産んだ卵からかえったばかりの子供達を、失った草食恐竜のお母さんザウルスは、親がいなくなってしまった、肉食恐竜ティラノサウルスの卵を育てます。やがて生まれた子供に、ティランと名付け、二匹は、種族を超えて、強く深い愛情で結ばれ、幸せに暮らします。。が、その後、天変地異が起きて…という話です。ティランが、泉のほとりで、つぶやいた、「このままずっと母さんのそばにいられて、お日さまがポカポカ照っていて、毎日食べる物が少しだけあれば、他には何もいらないなあ…」という言葉が、悲しくて、ウルッときました。本当にそうだね、と思って。最期に、我が身を食べろというお母さんザウルスの気持ちもわかるし、最後までお母さんザウルスの亡骸を守りきって、死んでしまうティランの気持ちも痛いほど伝わりました。最後のページで、雪が、2匹の亡骸を包んでしまうのが、悲しくて、でも、やっとティランに安らぎが訪れたのだと...この感想を読む

4.04.0
  • ぱきらぱきら
  • 119view
  • 427文字

さいごの恐竜ティランに関連するタグ

さいごの恐竜ティランを読んだ人はこんな小説も読んでいます

さいごの恐竜ティランが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ