恥ずかしい仕事だけどプライドと愛がある - 花宵道中の感想

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 2,863件

花宵道中

4.004.00
画力
3.17
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
3.83
演出
3.83
感想数
3
読んだ人
7

恥ずかしい仕事だけどプライドと愛がある

4.04.0
画力
3.0
ストーリー
4.0
キャラクター
4.0
設定
4.0
演出
3.5

目次

それぞれの女の道は男でつながっている

遊郭に生きた女たちの物語。おもしろいのは、ただその時の悲しみや苦しみを描いて終わるのではなく、過去といま、そしてこれからを見せてくれるストーリー展開になっているところだろう。

主人公は八津であるが、他の女郎たちの存在なくしては彼女の成長はあり得ないのであり、短編の全部が大事なパーツになっている。吉原の遊郭で、楽しい思いをする男たち。そこにどれほどの女たちが苦しい思いをしてサービスしていたのか。それを悲しくいたたまれないことだと考えていたけれど、この「花宵道中」を読むと、世の中それが大事なのかもしれないとすら思えてくる。

ストーリーは好きなのだが、イラストがね…。みーんな同じ顔なんですけどどういうこと?名前が出てきてもすぐに理解できないくらい、水蓮や八津はそっくりそのまま。対象となる男たちで判断するしかないのだが、これはメイクが同じだからそうなっているの…?ここだけが残念なポイント。女たちはみんな同じじゃない。それが強調されたほうがいいと思うんだよね。東雲の殺人に込められた想いとか、朝霧、霧里、茜と、たくさんの女たちが一人の男に惑わされて、狂わされて、それでも幸せだったと言い切る強さとか…。男によって女がつくられると思うし、女によって男はつくられる。持ちつ持たれつ、お互いになくてはならない存在で、憎んだり愛したり、忙しい。人生って難しいことばっかりで、憎んでもどうしようもなくて、どうせなら強くプライドを持って生きていかなくちゃならないよねって気分にさせてくれるのだ。

遊郭に生きるということ

人の集まるところに遊郭はあるわけよ。漁師で栄える港町にはキャバクラが栄えるのと同じ。男が疲れた場所に女のオアシスが用意されるわけ。働いている女たちはバカだとか、お金がなくて体を売るしかないとか、もちろんそういうイメージはあるのだけれど、遊郭でだってのし上がるためには大変な努力が必要なわけで、そこでも生きていけないような女はマジでホームレスになるしかないんだよ。うまく生きていかなくちゃならない。それは男も女も同じだったんだ。

将軍のお膝元で男たちを愉しませること。それを仕事としていたわけだけれど、女の咲くところにはお金も盛大に咲くようで、乱れを取り締まろうとする歴史的な動きはちゃんとあったらしい。「花宵道中」の中では、もちろん人を買ったり売ったりするけれど、それなりに女郎としてのプライドやお店としての格式みたいなのがきっちりあって、“覚悟してどうぞ”っていうどーんと構えた感じがする。こそこそやるんじゃねー!って言ってる気がして、いっそ清々しいと思う。

いつの時代でも、女が体を売るのはそんなにいいことではないって思われていて、それはたぶん万国共通。女が子どもを身ごもるのは、とても大切なことだし、神秘的なことだと思いたいもんね。

吉原とはちょっと違うふうに言われるのが京都の祇園。芸のみを売り、カラダは決して許さない。それもまたカッコよさがあるけれど、本当のところはわからないよね。どちらも女の魅力を売る仕事だし。

愛のある身請け

遊郭からお金で買われた哀れな女。そういうふうに表現する漫画がいっぱいあるのだが、ここでの身請けはとても愛があって、なんか普通にいい話だなって思ってしまった。男としては、若くてきれいな女を選び放題で、お金さえ持っていれば買うこともできて。自分の所有物にすることだって簡単。だけど、女だってバカじゃないし、本当に愛しあえる人を選んで、身請けされていくんだなーって思えた。悪い女将が莫大な金を要求して引き裂こうとするパターンもあるけれど、ここの女将はそんなにひどい人間ではなかったし、そんな女将のもとで働く女郎たちだから、プライドと“自分”ってものを確立して、誇り高い仕事として行っているように感じられる。

身請けされていった女たちは、相手と相思相愛なら幸せだし、そうでなくても幸せになれるパターンもある。自分を愛してくれる存在を得るということが、女にとっていかにパワーになっていたか、と考えるね。道具として扱うような腐った野郎だっていたかもしれないけど、この物語の中の旦那たちのように、大事に愛でてくれる人もいたのだとしたら、美しいよね。

朝霧に関してはただただ切なかったなー…旦那だって、きっと大事にしてくれただろう。でも東雲の事を想って、彼以外に自分を渡せないって決めて、自害をする。東雲も、旦那も、悲しいまんま。そこで朝霧に似た茜を初見世でモノにしちゃった旦那はちょっと清くない気もするが、女が男の傷は男で癒そうとするのと同じで、女の傷を女で癒したくなったんだろう。選んだ女を憎んで誰かに当たるより、よっぽどいいお金の使い道をしている優しい旦那も…吉原にはいたのかもしれない。

忘れてはならない主人公

八津は朝霧と東雲のように、恋に生きることは選ばなかった。自分にも好きだなと思える人ができて、だけど吉原で生きていくことが自分の道だと決めた。恋に生きて死んでいった姐さんたちがいて、自分にそれほどまでの覚悟で挑めるものがあるんだろうかって考えて、仕事に生...

感想の続きはこの作品を読んだ人だけ閲覧できます
レビューンは、作品についての理解を深めることをコンセプトとしたレビューサイトです。
ネタバレを含むため、作品を既に読んだ方のみ感想を閲覧することができます。

他のレビュアーの感想・評価

複雑に絡み合う吉原の女の道がおもしろい

短編集かと思いきやすべてがつながったストーリー吉原の遊女である八津を中心として、過去、現在、そしてその後と描かれていくストーリー。自由奔放だった八津が、いろいろな人の人生にふれてどんどんたくましくなり、姐さんになっていく。その姿がかっこよくもあり、悲しくもありました。いったい何人の女が苦しい思いをして、使われるだけ使われて捨てられていったんだろうね。そんな時代が確かにあったということ、実際に歴史として起こったとされている出来事にもなぞらえながら、その時生きていた遊郭の女たちの人生を描き出してくれています。まず読んで気づくと思うのですが、みんな同じ顔じゃないか…?誰が誰だか、そのとき横に名前が出てなければわかりにくい…茜や朝霧はわりとわかりやすかったと思うのですが、水蓮と八津は強気なところも似ていたりしてほとんど違いがわからない…表紙や扉絵の美しさは目立つのですが、本編では男たちをもとに...この感想を読む

4.54.5
  • betrayerbetrayer
  • 12view
  • 3052文字
PICKUP

いつ読んでも泣ける『花宵道中』

5巻で終わりだと思っていたとある晴れた日、時代劇っぽいのが読みたいな、と本屋をぶらぶら探していた時。ドラマ化や映画化されているのにちゃんと読んだことがなかった、よしながふみ先生の『大奥』にしようかなぁ…と悩んでいるとき、その表紙が私の目に飛び込んできました。うつろな瞳、なまめかしい唇、暗い中に浮かび上がった美しい遊女の姿。それが『花宵道中』でした。即購入、即帰宅、即読して、ぶわっ。涙が止まらなかったです。1巻を読み終えてすぐ本屋に戻り、5巻まで買いそろえました。全巻揃っていてよかった、大人買いできる小遣いがあってよかった、と思いました。ちょうど海外に転勤する予定の友人に貸したら、彼女もこの作品をいたくお気に召したようだったので、餞別代りにあげてしまった。そうしたらこの前、本屋で6巻見つけてびっくり! 「ええ~!? 5巻の帯に「完結」って書いてあったじゃん」って、つい声が出ちゃいましたよ、小声...この感想を読む

3.53.5
  • かおるさんかおるさん
  • 820view
  • 2099文字

関連するタグ

花宵道中を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

花宵道中が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ