バガボンドのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,133件

バガボンド

4.384.38
画力
4.63
ストーリー
4.50
キャラクター
4.13
設定
4.50
演出
4.38
感想数
4
読んだ人
14

バガボンドのあらすじ・作品解説

バガボンドは、週刊漫画雑誌モーニングで1998年より連載開始された井上雄彦による青年漫画作品。コミックスは2015年に37巻まで刊行されており、累計売り上げは国内で6000万部以上、国外でも2,200万部以上の発行部数を超える世界的ヒットを記録し、同誌の看板タイトルになった。 文豪吉川英治の傑作小説「宮本武蔵」を原作に、日本の伝説的な剣豪である武蔵の青春と苦悩の生涯が、作者井上雄彦氏独自の解釈と現代的なエッセンスが加えられドラマチックに描かれる。主人公である武蔵とそれを取り巻く様々な人物達、宿敵佐々木小次郎といった強敵達の織りなす生き様が多くの読者に共感を呼んだ。2000年の第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を皮切りに、芸術作品としての高い評価を得ており、2006年には作品中の原画と、筆によって描写される色彩の世界が二冊の原画集として発行された。また執筆工程を収録したDVD映像作品「DRAW」も発売されるなど、漫画以外の関連作品も発行されている。

バガボンドの評価

総合評価
4.384.38
(4件)
画力
4.634.63
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.134.13
設定
4.504.50
演出
4.384.38

評価分布をもっと見る

バガボンドの感想

投稿する

見た者の人生観を変える天下無双の放浪劇

見る人を魅了する圧倒的な描画本作に出会って,私は改めて「漫画」の素晴らしさを実感した。「宮本武蔵」については,これまでも小説やドラマ,映画,漫画など,多くの媒体を通して伝えられてきた。その名前を知らない者は日本にはほとんどいないだろう。ストーリーを伝えるだけなら小説でも良いし,宮本武蔵についての知識は歴代の作品や,文書を見れば分かることであろう。そういう視点で考えると,「改まってバガボンドを見る意味はないのではないか…」と思う人もいるかもしれない。しかし,私はこの意見を真っ向から否定する。「井上雄彦」が描く「バガボンド」という作品は,単に宮本武蔵の人生を説明するだけのものではないのだ。井上雄彦が描く1本1本の線は力強さと繊細さを兼ね揃えており,風景,建造物,人物の細かい表情や心情まで美しく描写している。写実的な画風が時に残酷,あるいは生々しく感じるシーンもあるかもしれないが,それ以上に引...この感想を読む

5.05.0
  • kiokutokiokuto
  • 209view
  • 3332文字
PICKUP

ぽちぽちぽちぽちぽちぽちぽち

Vagabondは本当に深くて面白いことを望んでいますが、それを得るのに十分なほどではありません。プロットは、剣の方法が何を意味するかを学び、負け、勝つ、難しく相手と戦って、土地で最強になろうとしているいくつかの放浪武士に従います。.. そうでないまでは同じことをする別の男に切り替わり、その後彼がするすべてのことで失敗している別の男に移ります。.. そして、このすべてのように、あなたは物事が起こっているときの良いアイデアを持っていないので、それは瞬時に過去から現在に行くでしょう。 私が言おうとしているのは、プロットは非常にシンプルですが、時間と視点のスキップによって非常に乱雑になり、注意を払わなければ見逃しやすい あなたはそこまで取得して喜んでいる場合は、しかし、すべてが接続する時間によってそれをすべてを取得してしまいます。This cartoon character is one of the biggest things I don't understand/like abo...この感想を読む

3.03.0
  • nickrlenickrle
  • 23view
  • 2762文字

「仏教的なモノ」になる武蔵

悩む武蔵宮本武蔵といえば,毎日剣の研鑽に励み,女子供には目もくれず,一心不乱に「天下無双」を追い求める姿が目に浮かぶ。その姿はまさに「かっこいい男」といえる。しかし,この作品を読んでいくと,宝蔵院胤舜との出会いあたりから,その「かっこいい男」像はだんだんとずれていく。生死の狭間,すなわち,「殺し合いの螺旋」による苦しみと向き合いながらも成長する武蔵が,この作品には描かれている。その苦しみに相対する上で重要な役割を果たすのが沢庵や柳生石舟斎だ。いや,彼らというよりも,彼らの背景にある仏教思想といえる。「時々刻々と変化するこの世の中で確かなものなど一つもない」と教える仏教思想を,沢庵と柳生石舟斎は折に触れて武蔵に教えていく。「仏教的なモノ」と「そうでないモノ」この作品を読んでいて面白いのは,「仏教的なモノ」と「そうでないモノ」がはっきりしているところだ。そして,この両者にたびたび出会うこと...この感想を読む

5.05.0
  • aniccaanicca
  • 189view
  • 2013文字

感想をもっと見る(4件)

バガボンドの登場キャラクター

お杉おばば

よみがな:おすぎおばば 生年月日:1972年7月13日 年齢(作品時):40歳 血液型:O型 身長:172cm 体重:68kg 星座:やぎ座 性別:男子 性格:まじめ 好きな食べ物:もも 嫌いな食べ物:うめ

植田良平

よみがな:うえだりょうへい 生年月日:1972年7月13日 年齢(作品時):40歳 血液型:O型 身長:172cm 体重:68kg 星座:うお座 性別:男子 性格:まじめ 好きな食べ物:もも 嫌いな食べ物:うめ

沢庵宗彭

よみがな:さわおりむねあき 年齢(作品時):40歳 血液型:O型 身長:172cm 体重:68kg 星座:うお座 性別:男子 性格:まじめ 好きな食べ物:もも 嫌いな食べ物:うめ

キャラをもっと見る(11件)

バガボンドの名言

一枚の葉にとらわれては  木は見えん  一本の樹にとらわれては  森は見えん

沢庵宗彭

武蔵に諭すシーン

海を泳いでる最中には 海の広さはわからんよ

胤栄

主人公が迷った時に聞いた言葉

この世の あらゆる事象の中で 言葉で言い尽くせるものが 一体どれほどあろうか

胤栄

友が旅立つシーン

名言をもっと見る(15件)

バガボンドに関連するタグ

バガボンドを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

バガボンドが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ