デッドエンドの思い出のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

デッドエンドの思い出

4.504.50
文章力
1.50
ストーリー
3.50
キャラクター
4.00
設定
4.00
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
6

デッドエンドの思い出の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
1.501.50
ストーリー
3.503.50
キャラクター
4.004.00
設定
4.004.00
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

デッドエンドの思い出の感想

投稿する

等身大

作者様妊娠時の作品です。短編集です。全部で5編で、すべて完結型。次に続く物語はありません。もしかしたら、読み方によっては繋がっているように思えるかもしれないのですが、私はすべて独立した物語として読みました。学生の頃の淡い恋だったり、事件に巻き込まれてみたり、片想いがひっそりと実りそうだったり、幼い頃の友達が亡くなったり、すべて違う顔をしてすれ違う通行人のように、決して意思が交わる話ではないのに、共通して涙が出る前の息苦しさがあるように思います。ばなな先生曰く、出産をひかえ、過去のつらかったことを全部あわてて清算しようとしたから、これほどまでに切ない物語になったのではないか、とご自分で分析されてます。ばなな先生も執筆中辛かったとあとがきに記しています。短編すべてが終わると、ばなな先生のあとがきがあり、そこでこの作品を執筆中妊娠していたこと、とても辛い作業だったこと、けれど、自分自身が一番好...この感想を読む

4.54.5
  • 紫
  • 81view
  • 2027文字
PICKUP

デッドエンドの思い出の登場キャラクター

せっちゃん

デッドエンドの思い出の名言

帰る家があるのに、愛されているのに淋しい、それが若さというものかもね。

せっちゃん

主人公が初めて岩倉くんの家に泊まり、寄り添って眠るときに岩倉くんに向かって言った言葉。

何かがひとつ違っていたら、いい感じでおつきあいできたかもしれなかったのに、もう会うこともないのだと思うと、涙が止まらなかった。

せっちゃん

恋人と別れた主人公が、そのことを振り返って思うこと

デッドエンドの思い出に関連するタグ

デッドエンドの思い出を読んだ人はこんな小説も読んでいます

デッドエンドの思い出が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ