王妃マリー・アントワネットのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

王妃マリー・アントワネット

5.005.00
文章力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
1

王妃マリー・アントワネットの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

王妃マリー・アントワネットの感想

投稿する

ベルばらとの違いを見つけるのもまた一興

「ベルサイユのばら」を読みふけった私としては、架空の人物とされているオスカル様の父であるジャルジェ将軍(作品中ではジャルジェイ)の名前が出てきたり、妹のように可愛がったロザリーが出てきたりとわくわくすることが多かった。マリーアントワネットと言えば「首飾り事件」であるが、そうか、この方法ならだまし取れるな、と納得できた。ベルばらのほうはちょっと無理やり感があったので、小説のほうがスッキリする。フェルゼン(作品中ではフェルセン)とマリー・アントワネットとの恋バナも、もう少しなまめかしいものかと思いきや、マリー・アントワネットへの忠義心にあふれた愛情であったし、いい意味で裏切られた作品だ。最も読み応えがあると感じたのは、視点の変化である。王侯貴族を題材にした書物は、もともとの文献が貴族階級の手になるものが多く、そのため視点も平行というか貴族目線のものとなりがちだ。この作品では売春宿が主な舞台...この感想を読む

5.05.0
  • にゃうちゃんにゃうちゃん
  • 22view
  • 571文字

王妃マリー・アントワネットに関連するタグ

王妃マリー・アントワネットを読んだ人はこんな小説も読んでいます

王妃マリー・アントワネットが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ