映画篇のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

映画篇

5.005.00
文章力
5.00
ストーリー
4.00
キャラクター
4.50
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
2

映画篇のあらすじ・作品解説

映画篇は、金城一紀原作の現代小説である。2010年に文庫本化されている。 少しずつ繋がりをもっている5つのストーリーが収載された小説集。同著者が描いた小説・対話篇との繋がりをもった続作品の内容構成となっており、ファン待望の渾身の書き下ろし小説となっている。実際の名作映画をモチーフに、悲しみや心の傷が埋められ、明るい未来へと導かれる姿、人と人の絆を描いており、映画ファン必読の一作。映画離れが近年加速する中で、改めて自分にとって映画とは何かを自問自答すると共に、映画のストーリーの力が人の人生を左右し、救ってくれる大きな影響力をもっている事を実感できることから、登場する映画に興味をもち、鑑賞したい衝動に駆られる作品となっている。金城一紀の著書には、フライ,ダディ,フライ等の多数の読者家を魅了し、映画化されている名作があるため、金城一紀の世界観を愛するリピーター達に親しまれている。本屋大賞第5位に輝き、コミカライズされ、更に注目を集めた。

映画篇の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.504.50
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

映画篇の感想

投稿する

映画篇に関連するタグ

映画篇が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ