県庁おもてなし課のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

県庁おもてなし課

2.832.83
文章力
4.00
ストーリー
3.50
キャラクター
3.00
設定
2.83
演出
3.33
感想数
3
読んだ人
15

県庁おもてなし課のあらすじ・作品解説

県庁おもてなし課は、有川浩による小説作品。2011年、角川書店より発行された。 舞台は、高知県庁に実在する「おもてなし課」。観光促進のために発足されたこの部署で、主人公・掛水は、他の県でも導入されている「観光特使制度」を発案し、上司たちの賛同を得た。実用にむけて動き始めるおもてなし課だったが、ある人物からのメールが「待った」をかける。 著者の有川が高知県出身であることと、高知県から観光大使を依頼されたことがきっかけで執筆された小説である。作中の冒頭で描かれた、おもてなし課と高知県出身の作家とのやりとりは、実際にこの時有川が経験したエピソードをほぼそのまま書いたという。 雑誌「ダ・ヴィンチ」の「ブックオブザイヤー2011」総合・恋愛小説ランキング部門で、1位を獲得している。2013年5月には、錦戸亮、堀北真希主演で映画化された。映画観客動員ランキングでは、初登場3位を獲得、最終興行収入も6億9000万円を記録した。

県庁おもてなし課の評価

総合評価
2.832.83
(3件)
文章力
4.004.00
ストーリー
3.503.50
キャラクター
3.003.00
設定
2.832.83
演出
3.333.33

評価分布をもっと見る

県庁おもてなし課の感想

投稿する

ひとことで言うと観光小説かな

県の観光振興をはかる職員たちが精一杯に考え取り組む話ににラブロマを絡めた物語。新聞の連載小説を本にしたもの。表紙が目にとまり購入しました。舞台は四国にある高知県!あんまり印象に残っていなかった私もこの本を読んだことでちょっとは印象的になりましたよ。この県庁には一風変わった課が存在する。その名もおもてなし課。主人公の掛水という。おもてなし課にスカウトされた多紀。小説家の吉門。そして、過去にパンダ招致論で物議を醸し出して県庁を去った清遠。民宿を営む。そして、その娘の佐和。基本ほのぼのとした感じで驚くようなこともなく、高知県の名所案内をしながら読ませることで、この本自体が地域復興にもっとも貢献しているといえよう。フィクションだが、実際の人物を参考にしているところがありそう。子供のころに著者が父親に県内をいろいろ連れまわされた思い出も生きているらしい。おもてなし課自体も物語の中の課ではなく実際...この感想を読む

3.53.5
  • 臾豈臾豈
  • 41view
  • 460文字

県庁おもてなし課に関連するタグ

県庁おもてなし課を読んだ人はこんな小説も読んでいます

県庁おもてなし課が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ