金色夜叉のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

金色夜叉

4.004.00
文章力
3.50
ストーリー
3.50
キャラクター
3.00
設定
3.50
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
8

金色夜叉の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
3.503.50
ストーリー
3.503.50
キャラクター
3.003.00
設定
3.503.50
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

金色夜叉の感想

投稿する

未完の傑作『金色夜叉』

貫一お宮の悲しき恋全国有数の温泉地・熱海にある有名な貫一お宮の像は、『金色夜叉』を読んだことのない人もよく知っていることだろう。「(前約)月が……曇つたらば、宮さん、貫一は何処かでお前を恨んで、今夜のやうに泣いてゐると思つてくれ」と間貫一が、泣いてすがるお宮を蹴り、別れを告げた重要なシーンをモチーフにした像だ。『金色夜叉』は、金と愛に翻弄された男女の悲しい恋を描いた作品である。お宮に一方的に別れを告げられた貫一は、以降冷酷非情の高利貸しとなって生きていく。一方、お宮は貫一を裏切る形で資産家の富山唯継と結婚するが、決して幸せではない人生を送り、その心にはいまだに貫一への未練が残っている。なぜお宮が貫一を振って富山に嫁いだのか、理由は明らかになっていない。作者・尾崎紅葉が、未完のままこの世を去ってしまったためである。尾崎紅葉の急逝以降、様々な文学者や研究者が『金色夜叉』の本旨を読み解こうと...この感想を読む

4.04.0
  • すらりすらり
  • 520view
  • 2057文字
PICKUP

金色夜叉の登場キャラクター

間貫一

金色夜叉の名言

十年後の今月今夜も、僕の涙で月を曇らせてみせるから、月が曇ったならば、貫一はどこかでお前を恨んで今夜のように泣いてると思うがいい

間貫一

恋人同士だった貫一とお宮が別れる時に、貫一が自分がどれほど愛していたかを伝える場面

金色夜叉に関連するタグ

金色夜叉を読んだ人はこんな小説も読んでいます

金色夜叉が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ